この画面を閉じる

Protocols

プロトコール集Topへ

RetroNectin Bound Virus(RBV)-LTS法

RetroNectin (Recombinant Human Fibronectin Fragment)(製品コード T100A/B)

培養底面積362.5 cm2の培養バッグを用いた場合

180 ml ウイルス液をRetroNectinコートバッグ*1に注入
*1 培養バッグ素材はRetroNectinのコート効率の良いテフロン素材を推奨します。
*2 培養バッグの大きさや素材により、最適な振とう速度、振とう時間が異なる場合があります。

RBV-LTS法の詳細なプロトコールは下記参考文献を参照してください。
An Efficient Large-Scale Retroviral Transduction Method Involving Preloading the Vector into a RetroNectin-Coated Bag with Low-Temperature Shaking.
Dodo K, Chono H, Saito N, Tanaka Y, Tahara K, Nukaya I and Mineno J.
PLoS ONE, (2014) 9(1): e86275.
この画面を閉じる