この画面を閉じる

Protocols

NucleoSpin® DNA RapidLyse

動物組織からのゲノムDNA精製プロトコール(NucleoSpin® DNA RapidLyse(製品コード 740100.10/740100.50/740100.250))

使用時には、必ず添付の英文説明書をご確認ください。
試薬の調製

Buffer RLW*1が添付の英文説明書に従って調製、希釈されていることを確認する。

1. サンプルの溶解
チューブ

2 mlのチューブに組織サンプル、Buffer RLY 150 μl、Proteinase K溶液10 μlを添加し、
56℃で撹拌しながら溶解する。
サンプルにより溶解時間は異なるため、目視で溶解が確認できるまでインキュベートする(最大1時間)。

2. Bufferの添加
チューブ

Buffer RLB 440 μlを添加し、よく混合する。

3. カラムへの吸着

遠心マーク

NucleoSpin DNA RapidLyse ColumnをCollection Tube (2 ml)にセットする。
2の溶液をカラムに添加し、11,000×g、1分間遠心する。
ろ液を捨てた後、新しいCollection Tube(2 ml)にカラムをセットする。

4. メンブレンの洗浄

遠心マーク
  • 1回目の洗浄
    Buffer RLW*1 500 μlをカラムに添加し、11,000×gで1分間遠心する。
    ろ液を捨てた後、同じCollection Tubeにカラムをセットする。
  • 2回目の洗浄
    Buffer RLW*1 500 μlをカラムに添加し、11,000×gで1分間遠心する。
    ろ液を捨てた後、同じCollection Tubeにカラムをセットする。
5. メンブレンの乾燥
遠心チューブ
遠心マーク

11,000×gで1分間遠心する。

6. DNAの溶出
遠心チューブ
遠心マーク

カラムを1.5 mlのマイクロチューブ(各自で用意)にセットする。
Buffer RLE 100 μl*2を添加する(添加後遠心前に室温で4分間インキュベートすることで収量を
増やすことも可能)。
11,000×gで1分間遠心し、DNAを溶出させる。


*1 Buffer RLWの調製法
製品コード 740100.10の場合:Wash Buffer RLW(concentrate)6 mlに、エタノール(96~100%)24 mlを添加する。
製品コード740100.50(50回用)、740100.250(250回用)の場合の調製法は英文説明書を参照すること。
*2 DNAの収量や濃度を上げたい場合は、溶出液量を変更することも可能である(英文説明書参照)。
この画面を閉じる