この画面を閉じる

Application

赤痢菌および腸管侵入性大腸菌(EIEC)検出用 Primer Set

赤痢菌および腸管侵入性大腸菌
病原因子遺伝子の検出

赤痢菌および腸管侵入性大腸菌のinvE遺伝子およびipaH遺伝子の各陽性株を用いた実験例を示す。
反応液組成
専用10×PCR Buffer*1 5 μl
dNTP Mixture(各2.5 mM)*2 4 μl
Primer-1 0.5 μl
Primer-2 0.5 μl
Template DNA*3 5 μl
TaKaRa Taq(5 U/μl)*4 0.25 μl
滅菌水 34.75 μl
Total 50 μl

反応液は氷冷下で調製する。

*1 特殊細菌検出用Primer Set(製品コード S001~S028)に添付している。
*2TaKaRa Taq(製品コード R001A)に添付している。
*3 精製DNAまたは熱抽出サンプルを使用。なお、熱抽出サンプルは、菌体をLB培地中で37℃、一晩培養した培養液10 μlにTE Buffer(10 mM Tris-HCl、0.1 mM EDTA、pH8.0)または滅菌水を90 μl加え、95℃、5分間加熱後、卓上遠心機で菌体の残渣を除いた上清液を用いる。
*4 TaKaRa Taq(製品コード R001A)のほか、TaKaRa Taq Hot Start Version(製品コード R007A)も使用できる。

PCR条件
熱変性 94℃、1 min 35 cycles
アニーリング 55℃、1 min
伸長 72℃、1 min

テンプレートDNA

使用プライマー
Lane 1: 赤痢菌invE遺伝子陽性株 INV-1 & 2
2: 赤痢菌invE遺伝子陰性株
3: 赤痢菌ipaH遺伝子陽性株
IPA-1 & 2
4: 赤痢菌ipaH遺伝子陰性株
M: pHY Marker

図1 赤痢菌および腸管侵入性大腸菌病原因子遺伝子の検出3%アガロースゲル(エチジウムブロマイド0.5 μg/mlを含む)による電気泳動の結果

この画面を閉じる