この画面を閉じる

Application

TaKaRa PCR Mycoplasma Detection Set

MycoplasmaUreaplasmaのPCRによる検出

11種類のマイコプラズマと、1種類のウレアプラズマを培養、DNAを調製し、それぞれ1ngと、ブランクとしてヒトDNAとマウスDNAをそれぞれ1 μgを鋳型として、PCR反応を行った。
結果
Lane M:pHY Marker
1:M. hyopneumoniae
2:M. neurolyticum
3:M. fermentans
4:M. pulmonis
5:M. hyorhinis
6:M. orale
7:M. capricolum
8:M. arthritidis
9:M. salivarium
10:M. hominis
11:M. arginini
12:U. urealyticum
13:human DNA
14:mouse DNA

1st PCRだけのマイコプラズマの検出限界は、M. capricolumで1 ng、M. hyopneumoniaeU. urealyticumで100 pg、その他のマイコプラズマで10 pgであった。ただし、ヒト・マウスDNA100 ngを用いると、非特異的バンドが現れた。
2nd PCRを行った場合のマイコプラズマの検出限界は、M. capricolumM. hyopneumoniaeで100 fg、その他のマイコプラズマで10 fgであった。一方、ヒト・マウスDNA100 ngを鋳型にしても、非特異的バンドは認められなかった。

この画面を閉じる