この画面を閉じる

Application

Cloned α2,3-Sialidase

Application:α-2,3-SialidaseによるPA化糖鎖の酵素消化

PA化糖鎖を基質として下記の条件でSialidase消化を行った。
反応液組成
10 μM糖鎖2 μl
0.1 M酢酸ナトリウム緩衝液(pH5.5)5 μl
酵素溶液3 μl
   合計反応液量10 μl
操作手順
上記反応液を37℃で30分間あるいは60分間保持後、100℃で3分間加熱することで反応を停止し、HPLC分析に供する。
結果
糖鎖(基質)酵素量
(mU)
反応時間
(分)
生成物(%)
PA-Sugar chain 029330Lac-PA(100)
360Lac-PA(100)
PA-Sugar chain 030330Lac-PA(36.2)GM3-NeuGc-PA(63.8)
360Lac-PA(37.8)GM3-NeuGc-PA(62.2)
3030Lac-PA(100)
3060Lac-PA(100)
PA-Sugar chain 03215030GM1-PA(100)
15060GM1-PA(100)
PA-Sugar chain 033330GM1-PA(100)
360GM1-PA(100)
PA-Sugar chain 03415030GD1b-PA(100)
15060GD1b-PA(100)
03B33000B(100)
36000B(100)
PA-Sugar chain 022 33006B(100)
36006B(100)
1503000B(70.2)06B(29.8)
1506000B(91.1)06B(8.9)
33B33000B(100)
36000B(100)
36B33006B(100)
36006B(100)
1503000B(67.3)06B(32.7)
1506000B(93.5)06B(6.5)
PA-Sugar chain 023 33066B(100)
36066B(100)
1503000B(52.1)06B(19.0)60B(23.4)66B(5.5)
1506000B(83.2)06B(7.4)60B(9.4)
この画面を閉じる