この画面を閉じる

Application

pAUR224 DNA

pAUR224ベクターを用いたlacZ遺伝子の発現

pAUR224 DNA(製品コード 3603)
操作手順
pAUR224ベクターのマルチクローニングサイトにlacZ遺伝子を挿入したプラスミドpAUR224-lacZ(10.8 kb)を、『Protocols』に示した酢酸リチウム法によりSchizosaccharomyces pombe LH121株(genotype;h ade6-M216 ura4-D18)に導入した。LH121株がまったく生育しないオーレオバシジンAの最小阻止濃度は0.1 μg/mlであったので、選択培地は0.5 μg/mlオーレオバシジンAを含むYEA寒天プレートを用いた。形質転換効率は2.86×104形質転換体/μgプラスミドDNAとなった。さらに、形質転換体をYEL培地で一晩培養して、o-Nitrophenyl-β-D-galactopyranoside(ONPG)を基質としてβ-galactosidase活性を測定した7)。得られたpAUR224-lacZ形質転換体は2~4 units/OD600の活性を示した。

この画面を閉じる