この画面を閉じる

Application

PrimeSTAR® HS DNA Polymerase

cDNAを鋳型としてのPCR

ヒト心臓total RNAのM-MLV RTaseによる逆転写産物を鋳型として、PCRを行った。
PrimeSTAR HS DNA Polymeraseは、他社High-Fidelity PCR酵素に比べて逆転写後のcDNAを鋳型とした場合にも効率よく増幅できた(下図)。


 図 PrimeSTAR HS DNA Polymeraseと他社High-Fidelity
   PCR酵素の増幅効率の比較(逆転写産物を鋳型として使用)

サンプル:ヒト心臓total RNAの逆転写産物
ターゲットの長さ:2 kbp
鋳型量:さまざまな濃度のtotal RNAから逆転写を行った反応液20 μlのうち、5 μlを鋳型として使用
サーマルサイクラー:TaKaRa PCR Thermal Cycler Dice(製品コード TP650)

PCR条件:98℃ 10秒
 
 
55℃ 15秒 30サイクル
72℃ 2分  
* 他社High-Fidelity PCR酵素の反応条件は推奨プロトコールに従った。

レーンM:λ-Hind III digest
    1:total RNA  50 pg相当
    2:total RNA  500 pg相当
    3:total RNA   5 ng相当
    4:total RNA  50 ng相当
    5:total RNA  100 ng相当
    6:total RNA  250 ng相当
この画面を閉じる