この画面を閉じる

Application

Retrovirus Titer Set (for Real Time PCR)

レトロウイルス調製用培地の阻害確認

【方法】

レトロウイルス産生細胞を構築し、無血清培地(GT-T-Retro I)で調製したレトロウイルスベクターならびに血清入り培地(DMEM、10% FBS含有)で調製したレトロウイルスベクターをそれぞれ原液、2倍、4倍、8倍、16倍、32倍に希釈し、リアルタイムRT-PCRを行った。希釈には、それぞれの調製に用いた培地を使用した。

【結果】

希釈倍率とCt値の関係を下図に示す。これらの培地では、大きな阻害反応は見られなかった。
無血清培地で調製したレトロウイルスベクターの希釈倍率とCt値
無血清培地(GT-T-Retro I)で調製したレトロウイルスベクターの希釈倍率とCt値

血清入り培地で調製したレトロウイルスベクターの希釈倍率とCt値
血清入り培地(DMEM、10% FBS含有)で調製したレトロウイルスベクターの希釈倍率とCt値
この画面を閉じる