この画面を閉じる

Application

アプリの部屋Topへ

クルードサンプルでの増幅例1:マウス各組織のアルカリ熱抽出液

MightyAmp DNA Polymerase(製品コード R071A/B、R070A/B)
 
方法
マウス尾、肝臓、脾臓、胸腺、脳の各5~10 mg に50 mM NaOHを180 μl添加し、95℃で10分間インキュベートした後、1 M Tris-HCl(pH8.0)を20 μl加えて中和し、アルカリ熱抽出液を得た。各アルカリ熱抽出液2.5 μl を鋳型として(25 μl反応系)、マウスTfrc 遺伝子(2 kb)をターゲットに、MightyAmp DNA Polymerase、A社阻害物質耐性酵素、B社阻害物質耐性酵素ならびにTaKaRa Taq Hot Start Version(TaKaRa Taq HS)(製品コード R007A)を用いてそれぞれ推奨条件でPCR 増幅を行った。各反応液3 μlを電気泳動に供し、反応性を比較した。
結果
TaKaRa Taq HSではほとんどPCR 増幅産物が得られないアルカリ熱抽出液に対しても、MightyAmp DNA Polymeraseでは良好な増幅が見られ、他社阻害物質耐性酵素と比べて最も高い増幅効率を示した。

図1.マウス各組織からのアルカリ熱抽出液を鋳型とするPCR増幅

レーン 1.  マウス尾MightyAmp のPCR 条件: 98℃ 2 min.
   ↓
98℃10 sec.  30 cycles
68℃2 min.
2.マウス肝臓
3. マウス脾臓
4.マウス胸腺
5.マウス脳
M.pHY Marker
この画面を閉じる