この画面を閉じる

Application

Yeast Processing Reagent (for total RNA preparation)

S. cerevisiae(AH109株)からのtotal RNA調製(FastPure RNA KitまたはRNAiso Plusを使用)

方法
S. cerevisiae(AH109株)の培養液(YPD培地、OD600≒1.3、1 ml)よりキットプロトコールに従いtotal RNAを調製した。
結果
FastPure RNA KitまたはRNAiso Plusのどちらを使用しても吸光度260/280 nmの値が2.0を超えるtotal RNAが効率良く調製できた(表2、図2)。

9089e

表2.各キットを用いて調製したtotal RNAの収量と純度
使用キット酵母菌体数収量(µg)OD260/OD280
RNAiso Plus4.8×10757.42.2
FastPure RNA Kit4.1×10735.52.2


図2.S. cerevisiae(AH109株)、からのtotal RNA調製結果
各0.5 µgを電気泳動
レーン1: RNAiso Plus
2: FastPure RNA Kit
M: λ-EcoT14 I digest 100 ng

注:FastPure RNA Kitは終売しました。
この画面を閉じる