この画面を閉じる

Application

アプリの部屋Topへ

ダイレクトPCR例2:マウス組織

MightyAmp DNA Polymerase Ver.2 (製品コード R071A/B)
(弊社比較データ)
  • 各組織(1.5 mm3)を直接反応系(50 μl)に添加
  • 反応はそれぞれ2連で実施
  • ターゲット:マウスHbb‐b1遺伝子 542 bp
  • 各酵素の推奨条件でPCRを実施、4 μl分を電気泳動に使用
  • MightyAmp Ver.2のPCR条件
    98℃ 2分
     
    98℃ 10秒
     
    30サイクル
    60℃ 15秒
    68℃ 30秒

    TaKaRa PCR Thermal Cycler Dice Gradient(製品コード TP600)使用
レーン1:MightyAmp Ver.2
    2:A社動物組織用PCR酵素
    3:B社阻害物質耐性PCR酵素
    M:pHY Marker

ゲル:1% Agarose L03「TAKARA」

※組織からのダイレクトPCR産物を電気泳動する場合、Loading BufferにProteinase K(製品コード 9034)を添加してください。
鋳型としてマウス組織片を直接反応系に添加するダイレクトPCRで、MightyAmp Ver.2は他社動物組織用および阻害物質耐性PCR酵素に比べて高い増幅効率を示しました。
この画面を閉じる