この画面を閉じる

Application

アプリの部屋Topへ

ダイレクトPCR例7:口腔細胞懸濁液

MightyAmp DNA Polymerase Ver.2(製品コード R071A/B)
Buffer A(TE Buffer)Buffer B(TE Buffer+Proteinase K)
(弊社比較データ)
A:A社動物組織用PCR酵素
B:MightyAmp Ver.2
C:B社阻害物質耐性PCR酵素

レーンサンプル量
1.0.5 μl
2.1 μl
3.2 μl
M.pHY Marker

  • 口腔細胞懸濁液の調製法
    (1)滅菌済み綿棒で頬の内側を10回こする。
    (2)Buffer(AまたはB)の入ったチューブに綿棒を入れて、5回攪拌し、綿棒をチューブの壁にあててしぼる。
    Buffer A:TE Buffer 300 μl
    Buffer B:TE Buffer 300 μl+20 mg/ml Protinase K 1.5 μl
    (3)BufferBを使用したサンプルのみ、Proteinase K失活のため、98℃、2分の処理を行う。
  • 調製した口腔細胞懸濁液(0.5 μl、1 μlまたは2 μl)を直接反応系(20 μl)に添加
  • ターゲット:p53遺伝子 515 bp
  • PCR条件

    98℃ 2分
     
    98℃ 10秒
     
    35サイクル
    60℃ 15秒
    68℃ 30秒

    TaKaRa PCR Thermal Cycler Dice Gradient(製品コード TP600)使用

  • 電気泳動量 3 μl
  • ゲル  1% Agarose L03「TAKARA」
この画面を閉じる