この画面を閉じる

Application

アプリの部屋Topへ

各Anti-Human iPS抗体を用いたiPS細胞の免疫細胞染色

Anti-Human iPS(製品コード M221、M222、M223)
iPS細胞:京都大学から使用を許諾された201B7株を使用

一次抗体二次抗体フィーダー細胞
Anti-Human Oct4, Monoclonal
(製品コード M221)
Alexa Fluor488 Goat Anti-Mouse IgGMMC*1 処理済 SNL 76/7
Anti-Human Lin28, Monoclonal
(製品コード M222)
Alexa Fluor488 Goat Anti-Mouse IgGMMC*1 処理済 SNL 76/7
Anti-Human Sox2, Monoclonal
(製品コード M223)
Alexa Fluor488 Goat Anti-Mouse IgGMMC*1 処理済 STO
*1 MMC:Mitomycin C抗腫瘍性抗生物質

【方法】
24 well plateで培養したiPS細胞を1 ml PBSで2回洗浄*2
250 μl/wellの4% パラホルムアルデヒド/PBSを加え、室温で15分間固定処理
1 ml PBSで3回洗浄*2
250 μl/wellの0.2% Triton X-100/PBSを加え、室温で15分間浸透化処理
1 ml PBSで3回洗浄*2
各ウェルからPBSを除き、250 μl/wellの2% BSA/PBSを加え、10分間ブロッキング
2% BSA/PBSを除き、1 ml PBSで洗浄*2
PBSを除き、200 μl 一次抗体液(0.2~1 μg/ml)を加え、4℃で一晩反応
一次抗体液を除き、1 ml PBSで5分、3回洗浄*2
200 μl Alexa Fluor488標識二次抗体液(2% BSA/PBSで1,000倍希釈液)を加え、暗所、室温で30分間反応
二次抗体を除き、1 ml PBSで5分、3回洗浄*2
蛍光顕微鏡にて観察

*2 洗浄操作は穏やかに行う。激しく洗浄するとiPS細胞が剥離することがある。

Anti-Oct4
Anti-Lin28
Anti-Sox2
図1. 各Anti-iPS抗体の免疫細胞化学
上段:Anti-Oct4中段:Anti-Lin28下段:Anti-Sox2
倍率:×100左:位相差顕微鏡像右:蛍光顕微鏡像
一次抗体濃度:Anti-Oct4およびAnti-Lin28は1 μg/ml、Anti-Sox2は0.2 μg/ml
この画面を閉じる