この画面を閉じる

Application

アプリの部屋Topへ

マウス培養細胞上清中のGla型オステオカルシン測定例

マウス頭蓋骨から樹立された骨芽様細胞MC3T3E1の培養において、産生されるGla型オステオカルシンを定量モニタリングした。

培養条件DMEM、10%FCS、ストレプトマイシン/ペニシリン含有
細胞数播種時 1×106細胞/10 cmシャーレ 1枚
70%飽和培養から100%飽和へ移行させる。
使用培地量30 ml/10 cmシャーレ
測定条件0.5 mlずつ培養上清を経日的サンプリング、原液で測定

培養日数(day)Gla-OC濃度(ng/ml)
Blank(培地)
1
5
10
20
22
24
0.000
0.559
0.515
0.863
3.500
4.364
3.856

<結果>
本実験では、細胞に対する培地量を多めに設定し、途中の培地交換を実施せずにモニタリングを続けた。24日以降については、培地交換を実施したため、データ取得していない。
10%FCSを含む培地を使用しても、培養上清中のGla型オステオカルシン産生が確認できた。
培養開始日および30日目にアルカリ性ホスファターゼ染色を行った。
アルカリ性ホスファターゼ染色には、TRACP & ALP double-stain Kit(製品コード MK300)を用いた。

培養0日目培養30日目
この画面を閉じる