この画面を閉じる

Application

アプリの部屋Topへ

マウス尾からのDNA抽出&PCR増幅

1. 抽出液使用量の影響
【方法】

マウス尾の先端 約2 mmから操作方法に従ってDNAを抽出した。遠心後の上清(抽出液)の一部を50 μl PCR反応系に添加し、マウスYwhaz遺伝子のPCR増幅(約1 kb)を行った。各PCR反応液4 μlを添付の5×Loading Dyeと混合し電気泳動に供した。

【結果】
各抽出液使用量で、目的遺伝子を良好に増幅できた。

PCR条件:
98℃2 min.  
   
98℃10 sec.
30 cycles
60℃15 sec.
68℃1 min.
【PCR反応に使用した抽出液量】
レーン1.抽出液1 μl(PCR反応液の1/50量)
レーン2.抽出液2.5 μl(PCR反応液の1/20量)
レーン3.抽出液5 μl(PCR反応液の1/10量)
レーンM.250 bp DNA Ladder
 
*本キットでは、抽出液のPCR反応液への持ち込み量は反応液の1/20量以下を推奨している。
2. 複数サンプルの反応性比較
【方法】

8匹のマウス尾の先端約1 mmから同時に、操作方法に従ってDNAを抽出した。遠心後の上清2.5 μlを50 μl PCR反応系に添加し、1.と同様のPCR条件(サイクル数のみ変更)でマウスYwhaz遺伝子のPCR増幅(約1 kb)を行った。各PCR反応液4 μlを添付の5×Loading Dyeと混合し電気泳動に供した。

【結果】

すべてのマウス尾の試料から、目的遺伝子を良好に増幅できた。

30 Cycles35 Cycles
M: 250 bp DNA Ladder
この画面を閉じる