この画面を閉じる
【方法】
Viable Legionella Selection Kit for PCRを用いて培養レジオネラ菌懸濁液のEMA処理を行った。その際、比較対象としてEMA処理を行わないサンプルも用意した。
続いてNucleoSpin Tissue XSによるDNA抽出を行い、得られたDNAサンプルを鋳型として、本製品を用いたリアルタイムPCR解析でEMA処理の成否の確認した。
【結果】
EMA処理を行わなかったDNAサンプルからは陽性コントロールと同様に増幅曲線が得られたが、EMA処理を行ったDNAサンプルからは増幅が起こらず、正しくEMA処理が行われたことが確認された。


陽性コントロールおよび陰性コントロールの結果



EMA処理ありサンプルおよびEMA処理なしサンプルの結果
この画面を閉じる