この画面を閉じる

Application

鳥インフルエンザウイルス検出用Primer

qPCR Subtyping Primer Set for NA of Avian Influenzaの各Primerを用いた、陽性サンプル(下表参照)および陰性コントロール(dH2O)の反応例

qPCR Subtyping Primer Set for NA of Avian Influenza(製品コード 6641)
1 N1 Subtype Eu/Am Lineage Primer

○陽性サンプルの反応例
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

○陰性コントロール(dH2O)の反応
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

2 N2 Subtype Eu/Am Lineage Primer

○陽性サンプルの反応例
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

○陰性コントロール(dH2O)の反応
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

3 N3 Subtype Eu/Am Lineage Primer

○陽性サンプルの反応例
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

○陰性コントロール(dH2O)の反応
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

4 N4 Subtype Eu/Am Lineage Primer

○陽性サンプルの反応例
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

○陰性コントロール(dH2O)の反応
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

5 N5 Subtype Eu/Am Lineage Primer

○陽性サンプルの反応例
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

○陰性コントロール(dH2O)の反応
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

6 N6 Subtype Eu/Am Lineage Primer

○陽性サンプルの反応例
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

○陰性コントロール(dH2O)の反応
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

7 N7 Subtype Eu/Am Lineage Primer

○陽性サンプルの反応例
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

○陰性コントロール(dH2O)の反応
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

8 N8 Subtype Eu Lineage Primer

○陽性サンプルの反応例
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

○陰性コントロール(dH2O)の反応
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

9 N8 Subtype Am Lineage Primer

○陽性サンプルの反応例
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

○陰性コントロール(dH2O)の反応
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

10 N9 Subtype Eu Lineage Primer

○陽性サンプルの反応例
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

○陰性コントロール(dH2O)の反応
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

11 N9 Subtype Am Lineage Primer

○陽性サンプルの反応例
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

○陰性コントロール(dH2O)の反応
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析
12 NP Eu/Am Lineage Primer

○陽性サンプルの反応例
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

○陰性コントロール(dH2O)の反応
増幅曲線融解曲線分析
増幅曲線融解曲線分析

亜型特異的に得られた融解曲線のピークです。
今回のデータはThermal Cycler Dice Real Time System II(code TP900)で取得しました。
サンプルや機器等によりピーク位置や形状が幾分変わる場合があります。
反応サンプル(陽性サンプル一覧)

NA亜型

系統

株名

Accession number

NA1

Eu

A/duck/Tsukuba/718/2005

AB670330

NA2

Eu

A/duck/Tsukuba/58/05


NA3

Eu

A/duck/Tsukuba/394/2005

AB472024

NA4

Eu

A/duck/Shiga/10413-5/06


NA5

Eu

A/duck/Tsukuba/11/2004

AB472026

NA6

Eu

A/duck/Ibaraki/402/05

AB472029

NA7

Eu

A/duck/Shiga/B149/07

AB472031

NA8

Eu

A/duck/Chiba/2/06

AB537454.1

NA9

Eu

A/duck/Tsukuba/657/06


NA3とNA7は、当該領域の人工合成遺伝子を使用。その他は、ウイルス由来RNAを鋳型として逆転写反応により合成したcDNAを使用。
この画面を閉じる