この画面を閉じる

Application

Western BLoT Immuno Booster

Human Transferrin の検出における感度増強効果(T社試薬との比較)

Western BLoT Immuno Booster(製品コード T7111A)


2% BSAを含むTBS-Tで抗体を希釈した場合(A)とWestern BLoT Immuno Boosterで抗体を希釈した場合(B)、T社エンハンサー試薬C抗体を希釈した場合(C)での、スロットブロットでの検出感度を比較した。

目的タンパク質Human transferrin
2倍ずつ段階希釈してスロットブロットした(50~1.56 ng)
ブロッキング2% BSA/TBST
一次抗体Goat anti-Human Transferrin, Polyclonal Antibody(1 mg/ml)
二次抗体Peroxidase Labeled Rabbit anti-Goat lgG(0.5 mg/ml)
発光基質Western BLoT Chemiluminescence HRP Substrate(製品コード T7101A)
メンブレンニトロセルロース
検出X線フィルム (露光時間5秒)

 

一次抗体希釈液 (希釈率1:2,000)

二次抗体希釈液 (希釈率1:15,000)

(A)

2% BSA/TBS-T

2% BSA/TBS-T

(B)

Immuno BoosterSolution 1

Immuno BoosterSolution 2

(C)

T社試薬C(Solution 1)

T社試薬C(Solution 2)



Western BLoT Immuno Booster(T7111A)を用いることによる感度増強効果を確認できた。
T社試薬Cとはほぼ同等の結果が得られた。

この画面を閉じる