この画面を閉じる

Application

アプリの部屋Topへ

肝細胞分化誘導システムにより調製したiPS細胞由来肝細胞へのHBV感染と複製

Cellartis iPS Cell to Hepatocyte Differentiation Systemを用いて誘導したヒトiPS細胞由来肝細胞(iPSC-HEP)で、ヒトB型肝炎ウイルス(HBV: hepatitis B virus)の感染と複製を確認した結果を示す。
※本アプリケーションデータは、お客様よりご提供いただきました。

[材料と方法]
Cellartis iPS Cell to Hepatocyte Differentiation Systemの取扱い説明書に従いヒトiPS細胞より調製した肝細胞(iPSC-HEP, 図1, 2)に、ヒトHBVを含むサンプルを接触し感染した。ヒトHBVのiPS細胞由来肝細胞へのエントリーと複製は、covalently closed circular DNA (cccDNA)、および、pregenomic RNA (pgRNA)の細胞内発現量をそれぞれリアルタイムPCR、RT-PCRにより定量することで確認した。また、対象実験として、ヒト肝癌由来HepG2細胞(HBV感染非許容細胞)およびHBV感染レセプターhNTCP (human sodium taurocholate cotransporting polypeptide)発現HepG2細胞 (HepG2+NTCP, HBV感染許容細胞)を用いた検討も実施した。
実験フロー概略
図1. 実験フロー概略

Cellartis iPS Cell to Hepatocyte Differentiation System により調製したiPSC-HEP形態
図2. Cellartis iPS Cell to Hepatocyte Differentiation System により調製したiPSC-HEP形態
[結果]
Cellartis iPS Cell to Hepatocyte Differentiation Systemを用いて誘導したiPSC-HEPへのヒトHBV感染処理後、ウイルス由来のcccDNA(細胞内エントリー指標, 図3)、および、pgRNA(細胞内複製指標, 図4)の細胞内発現レベルを定量したところ、HepG2+NTCP(HBV感染許容細胞)と比較して優位な発現を確認した。

ヒトHBV細胞内エントリー指標cccDNAの定量結果
図3. ヒトHBV細胞内エントリー指標cccDNAの定量結果
cccDNAの発現量は、HepG2+NTCP (HBV感染許容細胞)に対する相対値として表した。

ヒトHBV細胞内複製指標pgRNAの定量結果
図4. ヒトHBV細胞内複製指標pgRNAの定量結果
pgRNAの発現量は、HepG2+NTCP (HBV感染許容細胞)に対する相対値として表した。
この画面を閉じる