この画面を閉じる

Application

TransIT-TKO® Transfection Reagent

標識siRNAを用いた効率的な導入とノックダウン効果


(A)Hela細胞にTransIT-TKOを用いて、Label IT siRNA Trackerで蛍光標識した二本鎖siRNAを導入した(0.5 nM/well in 12 well plate)。24時間後に、細胞を固定し、共焦点顕微鏡(Zeiss LSM 510)で観察した。

 赤:Alexa Fluor 546 Phalloidinを用いてactinを染色
 青:TO-PRO-3を用いて核を対比染色
 緑:Label IT siRNA Tracker Fluorescein-labeled siRNA duplexes

(B)CHO-Luc細胞(firefly luciferase安定発現株)へTransIT-TKOを用いてfirefly luciferaseに対するsiRNAを導入した。siRNAはそれぞれラベルなし、Label IT siRNA Tracker Cy3、Cy5、Fluorescein、またはCX-Rhodamineで標識したものを用いた。グラフは、5 nM anti-firefly luciferase siRNAを導入して24時間後のfirefly luciferaseの発現率を示す。
この画面を閉じる