この画面を閉じる

Application

アプリの部屋Topへ

TransIT-X2とGuide-it Recombinant Cas9を用いたiPS細胞の効率的なゲノム編集

TransIT-X2とGuide-it Recombinant Cas9 Proteinを用いたiPS細胞の効率的なゲノム編集

PPIB(Cyclophilin B)に対する2つのgRNA(Dharmacon)を作成し、Cas9タンパク質(他社またはGuide-it Recombinant Cas9 (Electroporation-Ready))との複合体(RNP)をiPS細胞(KOLF-2, Wellcome Trust Sanger Institute)へTransIT-X2 Dynamic Delivery System(1 μl/well添加、24-well plate, Mirus Bio)を用いて導入した。Cas9は6 nMとし、gRNAは各種濃度を検討した。導入48時間後にT7E1ミスマッチアッセイを用いて切断効率を算出した。

この画面を閉じる