この画面を閉じる

Application

アプリの部屋Topへ

ヒト由来cDNAを鋳型としたqPCR反応比較(1)

方法
ヒト由来cDNAを鋳型として各社リアルタイムPCR用スタンダード試薬を用いて反応を行った。
使用機器:Thermal Cycler Dice Real Time System II (製品コード TP900/TP960)
弊社試薬:
  PrimeScript RT reagent Kit(Perfect Real Time)(製品コード RR037A/B)
  TB Green Premix Ex Taq II (Tli RNaseH Plus)(製品コード RR820S/A/B)
Template:HL60 total RNA
Primers:Perfect Real Timeサポートシステム (PRTSS) で設計
<リアルタイム反応条件>
Holding
       1 cycle
       95℃、30秒
2 Step PCR
       40 cycles
       95℃、5秒
       60℃、30秒
反応組成) <1反応あたり>

試薬使用量最終濃度
TB Green Premix Ex Taq II(2×)12.5 μl
PCR Forward Primer(10 μM)1 μl0.4 μM
PCR Reverse Primer(10 μM)1 μl0.4 μM
Template(cDNA合成反応液)2 μl
滅菌精製水8.5 μl 
total25 μl
結果
TB Green Premix Ex Taq II (Tli RNaseH PLus)は、幅広いターゲットで特異性の高い増幅が可能なスタンダード試薬である。
他社の同タイプの試薬に比べて反応効率が良いため、より短い伸長時間で安定した増幅が可能であった。
備考
●関連製品
TB Green Premix Ex Taq (Tli RNaseH Plus)[RR420S/A/B]
TB Green Premix DimerEraser (Perfect Real Time)[RR091A/B]
PrimeScript RT reagent Kit (Perfect Real Time)[RR037A/B]
PrimeScript RT Master Mix (Perfect Real Time)[RR036A/B]
PrimeScript RT reagent Kit with gDNA Eraser (Perfect Real Time)[RR047A/B]

● 参考文献
吉崎美和, 向井博之 (2005)実験医学別冊 バイオ実験で失敗しない!「検出と定量のコツ」, 第3章 核酸の 検出と定量のコツ 4. リアルタイム定量PCRのコツ, 120-126.
吉崎美和, 向井博之 (2008)実験医学別冊 原理からよくわかる「リアルタイムPCR実験ガイド」 [3] 1) リアル タイムRT-PCR法による遺伝子発現解析, 39-43.
この画面を閉じる