この画面を閉じる

Application

アプリの部屋Topへ

クルードなサンプルを用いたqPCR

方法
MightyAmp for Real Time (TB Green Plus)(製品コード R075A/B)とTB Green Premix Ex Taq (Perfect Real Time) (製品コード RR041A:RR420Aの旧バージョン)を用いてリアルタイムPCRを行い、反応性を比較した。

■サンプル:(A)牛肉アルカリ熱抽出液、(B)マウス膵臓アルカリ熱抽出液
■ターゲット:(A)cox1 (B)Hbb-b1
■装置: Thermal Cycler Dice Real Time System II製品コード TP900/TP960
■反応条件:(R075A) 98℃ 2分 → (98℃ 10秒/60℃ 15 秒/ 68℃ 30秒)×40サイクル → 融解曲線分析
        (RR041A) 95℃ 30 秒 → (95℃ 5秒/ 60℃ 30秒)×40サイクル → 融解曲線分析
結果
本製品 MightyAmp for Real Time (TB Green Plus) はどちらのクルードサンプルに対しても、鋳型量に応じた定量的な増幅を示した。
一方、TB Green Premix Ex Taq (Perfect Real Time) ではサンプル中の阻害物質により著しく反応阻害が見られた。

この画面を閉じる