この画面を閉じる

Application

アプリの部屋Topへ

In-Fusion反応におけるインサートサイズとクローニング効率

方法
In-Fusion HD Cloning Kit w/NucleoSpin(製品コード 639639)を用いて、インバースPCRで増幅したベクター2.7 kbに0.5 kbから15 kbのPCR増幅断片を挿入するIn-Fusion反応を行った。各DNA断片のPCR増幅にはPrimeSTAR GXL DNA Polymerase(製品コード R050A)を使用し、増幅産物をNucleoSpinカラムで精製後、ベクター50 ngとインサートDNA 50 ngをIn-Fusion反応に使用した。形質転換にはE. coli HST08 Premium Competent Cells(製品コード 9128)を使用した。
PrimeSTAR GXLで増幅した精製済PCR産物(50 ng)
PrimeSTAR GXLで増幅した精製済PCR産物(50 ng)
結果
0.5 kbから15 kbのインサートサイズと形質転換体の数を以下の表に示した。ベクター50 ngに対しインサートを50 ng反応させることで15 kbまでのインサートを含む形質転換体を十分な効率で取得することができた。
KitVector 50 ngInsert 50 ngColonies plating 1/5Insert check
In-Fusion HD Cloning KitpUC19 0.5K17,92010/10
1K20,80010/10
2K12,96010/10
4K6,40010/10
6K2,2567/10
8K2,5289/10
10K8087/10
12K87210/10
15K90410/10
この画面を閉じる