microRNA(miRNA)の網羅的な発現解析に

miRNA Array解析

■お問い合わせ窓口(A)

TEL:077-565-6999


[サンプル送付先]
タカラバイオ株式会社 CDMセンター 遺伝子工学研究/検査 受託受付担当 宛て
〒525-0058 滋賀県草津市野路東七丁目4番38号
TEL:077-567-9262
ご注意:伝票の品名に受託名をご記載ください。 お問い合わせフォームは こちら

特長

  • 高品質のアジレント社miRNAマイクロアレイを用いて解析
  • miRBaseをもとに設計。独自のヘアピンキャップ構造プローブにより成熟型のmiRNAのみを検出
  • 解析に使用するtotal RNAはわずか100 ng

概要

アジレント社 miRNAマイクロアレイを使用した網羅的なmiRNA発現解析を行います。遺伝子工学に熟練した技術者とスループット設備により、アジレント社認定のサービスプロバイダーとして精度の高いサービスを提供します。
  • 解析対象マイクロアレイ
    Human miRNAマイクロアレイ(8x60K)
    Mouse miRNAマイクロアレイ(8x60K)
    Rat miRNAマイクロアレイ(8x15K)
    ※アレイ詳細についてはアジレント社ホームページをご覧ください。

  • アジレント社miRNAマイクロアレイの特長
    miRBaseをもとに設計された独自のヘアピンキャップ構造プローブ(60 mer前後)により、成熟型のmiRNAのみを検出
    わずか100 ngの開始total RNAをダイレクトラベル化してハイブリダイズさせるため、微量のサンプルで解析可能(small RNAの分離・濃縮作業も不要)
    0.1 amolの検出限界、5桁にわたるダイナミックレンジ、10~20の繰り返しスポットにより高感度、安定にmiRNAを検出
    実験デザインの容易な1色法での解析

アジレント miRNAマイクロアレイプローブデザインの構成
図中の黒い部分は、合成された配列である未修飾のマイクロアレイプローブ(黒)で、この部分が、ターゲットとなるmiRNA(赤)とハイブリダイゼーションにより結合します。プローブはスティルト(オリゴヌクレオチドで構成された足)(茶)によりガラススライド表面に固定されています。
A. hybridization sequenceの5’末端にあるG残基(黒)は、miRNAの3’末端にラベリングにより導入されたC残基(黄)と相補的に結合します。このG-C対がプローブとターゲットの反応領域に加わることで、ターゲットとなるmiRNAが、他の相同なRNAよりもプローブに安定して結合します。また、すべてのプローブには、プローブとターゲットの反応領域に隣接して5’末端ヘアピン(青)が付加されており、miRNAのサイズに対する特異性を高めています。

B. 安定性が高すぎるため最適化が必要なプローブでは、miRNAの5’末端から塩基配列を除去することで、プローブとターゲットの安定性を調節しています。

サービス内容

ご送付いただいたtotal RNAを品質検定後、total RNAをダイレクトエンドラベリングし、解析を行います。

【オプションサービス】

  • 組織や細胞からのRNA抽出
  • データマイニング

価格・納期

お問い合わせください。

納品物

  • 作業報告書
  • 解析データ(記録メディア)
     シグナルデータ
     発現比率データ
     変動遺伝子データ
     Rawデータ、QCデータなど

ご注文方法

○依頼書作成とFAX連絡
  • miRNA Array解析依頼書をダウンロードいただき、必要事項をご記入ください。
  • 依頼書記載のサンプル名称と、実際の送付サンプルに記載の名称は必ず一致させてください。
  • サンプル送付の前に、記入済み依頼書をFAXでご送付ください。
○サンプル送付
  • 解析サンプルならびに依頼書を上記サンプル送付先へご送付ください。
  • サンプルは乾燥・漏れならびに容器破損がないようにご注意いただき、凍結状態を維持するために十分量のドライアイスを同梱し、冷凍便、平日午前着指定でご送付ください。

以下のフォーマットにご記入のうえ、依頼書記載のFAX番号へご送付ください。

受入サンプル

  • total RNAなど
以下の点にご注意の上、解析サンプルを調製してください。
  サンプル量*2 濃度 純度*3
OD260/OD280 OD260/OD230 28S/18S
total RNA(短鎖を含む)*1 500 ng100~500 ng/μl 1.6以上 1.8以上
組織・細胞(オプション) 別途ご相談*4
*1 microRNA、small RNAの分離、濃縮は不要です。短鎖を含むtotal RNAの調製方法につきましては、別途お問い合わせください。抽出方法が変わるとプロファイルに影響しますので、1つのプロジェクトには同一の抽出方法を使用してください。
*2 精製が必要なtotal RNAの場合は別途お問い合わせください。
*3 電気泳動にてrRNAの明瞭なバンドが検出され、分解していないことをあらかじめご確認ください。
*4 送付サンプルの採取方法によっては良質なRNAが抽出できない場合がございます。

RNAサンプルはRNase free水に溶解し、1.5 mlチューブでご提供ください。TEや界面活性剤、DEPCを使用すると、反応を阻害する場合がありますので、溶解の際には絶対に使用しないでください。
RNAサンプル調製時にエタノール沈殿を実施する場合は、共沈剤としてグリコーゲンを添加しないでください。
上記基準に満たない場合でも別途お問い合わせください。

ご留意事項

送付サンプルに起因するシグナル検出不能の場合は、弊社では責任を負いかねますので予めご了承ください。
ご送付いただいたRNAサンプルはアジレント2100バイオアナライザを用いて検定を行います。この時点で量・純度が次の作業に十分でない場合ご連絡し、対応方法についてご相談いたします。
検体数N個の場合、Nパターンの比較解析が基本料金に含まれます。さらに比較解析をご依頼の場合は別途オプションとして申し受けます。
ヒト生体試料の解析にあたり、個人情報に関わるサンプルは、お客様ご所属施設の倫理委員会等で遺伝子解析研究に用いられることの承認が得られており、かつお客様の元で匿名化されたものに限らせていただきます。
詳しくは、「ヒトゲノム・遺伝子解析受託サービスについて」をお読みください。
お客様よりご提供いただいたサンプル・情報および納品物の複製物は、別途期限を定めている場合を除き、業務終了後3ヵ月を経過すると順次廃棄いたします。ご了承ください。
タカラバイオはアジレント・テクノロジー社認定のサービスプロバイダーです。
Affymetrixサービスプロバイダー

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 本受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。納品物を試験研究目的以外へご使用される場合、弊社では納品物に起因する損失・損害等については一切の責任を負いかねます。納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合がありますのでご注意ください。
  • 納品物に起因して、直接的もしくは間接的に発生したお客様の損害については、明らかに弊社の責に帰すべき事由による場合を除いて、弊社は一切その責任を負いません。

▲このページのトップへ