マウスモノクローナル抗体の可変領域解析

抗体(IgG)可変領域の塩基配列解析

■お問い合わせ窓口(B)

TEL:077-565-6999


[サンプル送付先]
タカラバイオ株式会社 CDMセンター 細胞工学研究 受託受付担当 宛て
〒525-0058 滋賀県草津市野路東七丁目4番38号
TEL:077-567-9262
ご注意:伝票の品名に受託名をご記載ください。 お問い合わせフォームは こちら

特長

  • SMARTテクノロジーの利用により、5’UTRから定常領域までの塩基配列を取得
  • 抗体遺伝子分野の研究をトータルでサポート

概要

モノクローナル抗体は、高度な抗体特異性を利用して様々な研究、診断分野で活用されており、医薬品としての利用も進んでいます。本サービスでは、マウスモノクローナル抗体の可変領域をSMARTテクノロジーにより取得し、塩基配列解析を行います。

サービス内容

  • モノクローナル抗体(IgG)可変領域の塩基配列解析
    マウスモノクローナル抗体産生細胞から調製したtotal RNAを用いて、5’-RACE PCRにより、H鎖、L鎖それぞれの可変領域を含むcDNAを増幅します。増幅産物をプラスミドベクターにクローニングし、それぞれ48クローンについて塩基配列解析を行います。得られた塩基配列結果をもとにコードされるアミノ酸配列を推定します。

価格・納期

サービス内容参考価格参考納期
モノクローナル抗体(IgG)可変領域の塩基配列解析¥600,000 1検体あたり6週間
(ハイブリドーマ細胞からのtotal RNA調製)¥25,000 1検体あたり1週間
(クローンプラスミド納品)¥10,000 1クローンあたり1週間

納品物

  • 塩基配列解析データ
  • 作業報告書

ご注文方法

以下のフォーマットにご記入のうえ、依頼書記載のFAX番号へご送付ください。

受入サンプル

  • total RNA 5 μg以上またはハイブリドーマ細胞 1×106

ご留意事項

作業途中で問題が生じた場合、ご相談の上、作業を中止する場合があります。
モノクローナル抗体の遺伝子解析では、構造が類似した配列が複数取得される場合があります。
お客様よりご提供いただいたサンプル・情報および納品物の複製物は、別途期限を定めている場合を除き、業務終了後3ヵ月を経過すると順次廃棄いたします。ご了承ください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 本受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。納品物を試験研究目的以外へご使用される場合、弊社では納品物に起因する損失・損害等については一切の責任を負いかねます。納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合がありますのでご注意ください。
  • 納品物に起因して、直接的もしくは間接的に発生したお客様の損害については、明らかに弊社の責に帰すべき事由による場合を除いて、弊社は一切その責任を負いません。

▲このページのトップへ