腸内フローラや口腔細菌を網羅的に解析

細菌叢検査

■お問い合わせ窓口(A)

TEL:077-565-6999


[サンプル送付先]
タカラバイオ株式会社 バイオメディカルセンター 受託受付担当 宛て
〒525-0058 滋賀県草津市野路東七丁目4番38号
TEL:077-565-6981
ご注意:伝票の品名に受託名をご記載ください。 お問い合わせフォームは こちら

特長

  • 次世代シーケンサーを用いて細菌叢を解析
  • 腸内細菌叢を調べる法人様向けの検査支援サービス
  • 一般の方にもわかりやすいセルフチェックレポートをご用意
  • 口腔細菌叢や皮膚菌叢の解析など、カスタムのご要望にも対応

概要

近年注目を浴びている腸内細菌は、多数の菌種によって構成され、例えば、ヒト腸内に100兆個も存在していると言われています。腸内フローラは、食事や健康状態により変動するほか、免疫系や様々な体質、疾患と深く関係があることが示唆されています。
タカラバイオでは、研究分野で培ってきた先端的な微生物菌叢解析の技術を活かし、腸内の微生物について菌叢の割合や注目される細菌検出を行います。
■チラシをご覧ください。
法人様向け「腸内セルフチェック」サービス

サービス内容

  • 腸内セルフチェック概要
    糞便検体からDNAを調製し、微生物の系統解析で利用されるリボソームRNA領域を増幅し、次世代シーケンサーを用いて大量の配列を取得します。得られた塩基配列について、16S rRNAデータベースに対する相同性検索および系統分類解析を実施します。
    得られたデータから、3種に大別される菌種組成を集計したグラフ等を作成し、注目されている腸内細菌種の検出について考察を行い、検査結果レポートをお届けします。

  • レポートの特徴
    ・平均データと比較してみることができます。
    ・注目されている腸内細菌は存在比を詳細レポートします。
    ・専門的な分類もレポートし、文献で示されている肥満指数も示します。

  • ※本サービスは、ヘルスケア事業を展開される企業様向けのサービスです。

    腸内フローラ 検査の流れ
  • 16S rRNA PCR産物の解析
    様々な環境中の微生物菌叢について、16S rRNA領域を対象に網羅的な解析を行い、16S rRNAデータベースに対する相同性検索および系統分類解析を実施し、相同性検索と系統分類解析結果の一覧、系統分類解析結果に基づき菌種組成を集計したグラフなどの作成を行います。研究用途でのサービスとしてご用意しています。

  • メタゲノム機能予測解析
    16S rRNA PCRサンプルの解析にて得られたデータからメタゲノム機能組成を予測します。KEGG Orthologyに基づく機能分類を行い、検体ごとの機能組成データを納品いたします。研究用途でのサービスとしてご用意しています。

価格・納期

ご依頼の内容により異なりますので、お問い合わせください。

納品物

  • 腸内セルフチェックレポート
    ・腸内セルフチェックでは、腸内細菌を3つのタイプに分類し、全体の傾向がわかります。
    ・2つのタイプについて、上位5菌種の割合についても知ることができます。
    ・腸内細菌叢の菌種数、多様性指数がわかります。
    ・ビフィズス菌、乳酸菌、痩せ菌など特に注目されている腸内細菌をピックアップし、どの程度住み着いているのかをリストアップします。
    ・専門的な分類も行い、文献で示されている肥満指数度を示します。

    検査の流れ 検査の流れ

ご注文方法

以下のフォーマットにご記入のうえ、依頼書記載のFAX番号へご送付ください。

受入サンプル

  • 糞便検体
    ※必要器具や説明書をご用意しています。検査前に送付させていただきます。

ご留意事項

送付サンプルに起因するシグナル検出不能の場合は、責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
ヒト生体試料の解析にあたり、インフォームド・コンセントを受けたものであること、個人情報が特定できないよう匿名化されているものに限らせていただきます。
お客様よりご提供いただいたサンプル・情報および納品物の複製物は、別途期限を定めている場合を除き、業務終了後3ヵ月を経過すると順次廃棄いたします。ご了承ください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 本受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。納品物を試験研究目的以外へご使用される場合、弊社では納品物に起因する損失・損害等については一切の責任を負いかねます。納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合がありますのでご注意ください。
  • 納品物に起因して、直接的もしくは間接的に発生したお客様の損害については、明らかに弊社の責に帰すべき事由による場合を除いて、弊社は一切その責任を負いません。

▲このページのトップへ