腫瘍組織からの体細胞変異解析

がん遺伝子検査

NEW

■お問い合わせ窓口(A)

TEL:077-565-6999


[サンプル送付先]
タカラバイオ株式会社 バイオメディカルセンター 受託受付担当 宛て
〒525-0058 滋賀県草津市野路東七丁目4番38号
TEL:077-565-6981
ご注意:伝票の品名に受託名をご記載ください。 お問い合わせフォームは こちら

特長

  • 国内外の大規模臨床研究での実績があるがんパネルシーケンスを、CAP認定ラボにてクリニカルシーケンスグレードで実施
  • SNVやin/del変異に加え、CNVや融合遺伝子も含めた網羅的な解析により、臨床研究のための幅広くインフォマティブなデータをご提供
  • 検出された個々のActionableな変異に対して、対応する分子標的治療薬等の適用や、関連する臨床試験の情報を付加することが可能

CAP:Collage of American Pathologists: 米国病理学会
■チラシをご覧ください。
Oncomine Cancer Research Panel解析サービス

概要

タカラバイオの次世代シーケンサーを用いた先端的な研究支援での実績を活かして、国内外の大規模臨床研究での採用実績があり、豊富なデータに基づく解析が可能なOncomine解析サービスを行います。CAP-LAP認証を受けた弊社バイオメディカルセンターにて、臨床検体の核酸抽出工程から変異検出、結果レポート作成まで、一貫してバリデートされた解析システムを適用し、高品質のクリニカルシーケンスデータをお届けします。

※ Oncomine Cancer Research Panel解析は、CAP-LAP認定を受けた施設(弊社バイオメディカルセンター)において、同プログラムに基づき実施しております。
LAP:臨床検査室認定プログラム

サービス内容

国内外の大規模臨床研究で採用実績があり、豊富な臨床データに基づく高精度のクリニカルシーケンスを目的とした解析です。
核酸抽出工程から変異検出、結果レポート作成まで一貫してバリデートされたシステムを用いて、SNV, in/del, CNV, 融合遺伝子検出など、多種のがん遺伝子変異を同時に検出します。
検出されたActionableな遺伝子変異をリストでご報告し、提出された検体の癌腫に対応した臨床支援情報をレポートとして添付します。

・対象パネル
核酸種別 検出変異の種類 Comprehensive Assay Focus Assay
DNA SNV/Indel 73遺伝子
2,531 Amplicons
ホットスポット解析
35遺伝子
269 Amplicons
ホットスポット解析
SNV/Indel
(CNV loss)
26遺伝子
全コーディング領域解析
CNV gain 49遺伝子
コピー数解析 (gainのみ)
19遺伝子
コピー数解析 (gainのみ)
RNA Fusion Drivers 22遺伝子 23遺伝子

・適用例
-1つの癌腫に対する多種の変異情報を元にした新たな治療戦略の臨床開発へ、インフォマティブなデータを取得
-経時的な変異プロファイリングを取得し、治療ステージに応じた治療選択の参考情報に
-検出された個々の変異に対して、対応する分子標的治療薬等の適用や、関連する臨床試験の情報を取得

価格・納期

サービス項目参考価格参考納期
Oncomine Comprehensive Assay 別途ご相談 1ヶ月~
Oncomine Focus Assay
本サービスには核酸(DNAおよびRNA)の抽出工程を含みますので、お見積時は核酸抽出作業料金込みにてご提示します。

受入サンプル

  • FFPE、核酸
    以下の点にご注意の上、解析サンプルを調製してください。
    詳細は、上記リーフレット裏面記載の注意事項を合わせてご参照ください。

    【FFPEの場合】

    サンプル量 保管・搬送温度 備考
    FFPE 7μm厚
    10枚程度
    室温 ・提出切片の連続切片で作製されたHE染色見本を検体ごとに添付してください。
    ・ブロック検体は受付できません。
    ・10%中性緩衝ホルマリンにて24時間以内の固定標本を推奨します。
    ・作製から2年以内の標本を推奨します。
    ・腫瘍部位が50%以上であることが確認されたサンプルにてご依頼ください。
    ・弊社へHE染色見本の作製および腫瘍率の確認をご依頼いただく場合は、別途費用を申し受けます。
    *凍結組織検体、細胞株には対応しておりません。これらの検体での解析には、Ion AmpliSeqアプリケーションによる解析をお勧めします。


    【核酸の場合】
    アプリケーション 核酸種別 サンプル量 濃度
    Oncomine Comprehensive Assay ゲノムDNA 100 ng以上 5 ng/μl以上
    total RNA 100 ng以上 2.5 ng/μl以上
    Oncomine Focus Assay ゲノムDNA 100 ng以上 2.5 ng/μl以上
    total RNA 100 ng以上 2.5 ng/μl以上
    同一検体から抽出したゲノムDNA、RNAの両方をペアでご提出ください。
    核酸でご依頼いただく際にも、腫瘍率の確認に使用されたHE染色見本を検体ごとに添付してください。
    DNAは滅菌水もしくはReduced EDTA TE buffer:10 mM Tris-HCl、0.1 mM EDTA pH8.0に溶解してください。
    RNAサンプルはRNase free水に溶解し、1.5 mlチューブでご提供ください。TEや界面活性剤、DEPCを使用すると、反応を阻害する場合がありますので、溶解の際には絶対に使用しないでください。
    RNAサンプル調製時にエタノール沈殿を実施する場合は、共沈剤としてグリコーゲンを添加しないでください。
    濃度測定は蛍光定量(Qubit等)を推奨します。
    上記基準に満たない場合は別途お問い合わせください。

納品物

  • Oncomine遺伝子検査結果報告書(PDF)
  • Oncomine Knowledgebaseレポート(臨床支援情報)(PDF)

【Oncomine Cancer Research Panel解析結果例】

陽性変異として検出された変異リストに、ご依頼の検体の癌腫に対応した各種臨床支援情報として、米国や欧州を中心とした薬剤適用に関する情報並びに臨床試験に関する情報が添付されます。必要に応じて、シーケンスデータ、マッピング結果等の生データを納品させていただくことも可能です(有料オプション)。

ご注文方法

  • 依頼書作成とFAX連絡 以下のフォーマットにご記入のうえ、依頼書記載のFAX番号へご送付ください。
    ※本検査は、医療機関を通じてのご依頼のみお受けします。
      がん患者様等、個人の方からの直接のご依頼はお受けできません。
    ※企業様の治験等でのご依頼をご検討の際は、上記の「お問い合わせ」フォームより別途お問い合わせください。

  • サンプル送付
    • 解析サンプルならびに依頼書を上記サンプル送付先へご送付ください。
    • サンプルは乾燥・漏れならびに容器破損が無いようにご注意いただき、平日午前着指定でご送付ください。
      また遠隔地を除き、翌日必着でご送付ください。

ご留意事項

供与核酸の品質によっては再提供をお願いすることがあります。
ヒト生体試料の解析にあたり、個人情報に関わるサンプルは、お客様ご所属施設の倫理委員会等で遺伝子解析研究に用いられることの承認が得られており、かつお客様の元で匿名化されたものに限らせていただきます。
詳しくは、「ヒトゲノム・遺伝子解析受託サービスについて」をお読みください。
お客様よりご提供いただいたサンプル・情報および納品物の複製物は、別途期限を定めている場合を除き、業務終了後3ヵ月を経過すると順次廃棄いたします。ご了承ください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 本受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。納品物を試験研究目的以外へご使用される場合、弊社では納品物に起因する損失・損害等については一切の責任を負いかねます。納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合がありますのでご注意ください。
  • 納品物に起因して、直接的もしくは間接的に発生したお客様の損害については、明らかに弊社の責に帰すべき事由による場合を除いて、弊社は一切その責任を負いません。

▲このページのトップへ