ホットスポットのないランダム突然変異導入が可能

Diversify™ PCRランダム突然変異誘発キット

  • タンパク質機能研究にも有用なコントロールされたランダム突然変異導入
  • 突然変異発生率を正確にコントロール
  • ホットスポットを生じず、広範囲に変異が分布
  • 全種類の塩基配列置換が可能
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 630703 Z0703N Diversify™ PCR Random Mutagenesis Kit
  • ライセンス
30回 ¥127,100
説明書・データシート・ベクター情報
Diversify PCR Random Mutagenesis Kitは、毒性のない方法を用いて長さが4 kbまでの配列に変異を導入する。本キットではホットスポットを生じることなく広範囲にわたってあらゆる変異が分布する。

Diversify法

Diversify PCR Random Mutagenesis Kitでは突然変異の誘発条件を操作できるため、極めて広範なサイズの配列に対して最適な突然変異を導入できる。2つの重要な試薬であるマンガン(Mn2+)とdGTPの量を変化させるだけで、突然変異率を1,000 bp当り2~8まで選択することができる(図1)(1、2)。
Diversify法では、ClontechのTitanium Taq PCRシステムを用いて4 kbまでのDNA断片を確実に増幅する。本キットでは、このように広範囲の配列を増幅できるので、短いDNA断片はもちろん、オペロン、プラスミド、巨大タンパク質をコードする配列への変異誘発にも理想的である。本キットには短時間でできるコントロール反応(U.S. Pat. No. 6,383,755)用のコンポーネントも含まれており、PCR後2時間でコントロール断片の変異率を相互に比較できる。
Diversity PCR Random Mutagenesis Kitには、TaqStart Antibodyを含むTitanium Taq PCRシステムのほか、突然変異誘発用のバッファーと試薬のすべてが添付されている。

図1. バッファー条件による変異率の調節
バッファー条件1, 5, 9の変異率は、15,000 bp以上の広範囲にわたるDNAシーケンシングから求めた。他の変異率は、in vivo突然変異誘発アッセイの結果をシーケンシングデータとして標準化した(3)。

図2. Diversify PCR Random Mutagenesis Kitによる4 kb断片の増幅
図1に示したバッファー条件で、4 kbプラスミドの増幅を行った。レーン1~9はPCRバッファー条件1~9に対応する。レーンM:DNAサイズマーカー

内容

・Titanium Taq DNA Polymerase
・10× Titanium Taq PCR Buffer
・Diversify dNTP Mix
・dGTP
・dNTP Mix
・Manganese Sulfate
・PCR-grade H2O
・Control PCR Template & Primer Mix
Taq I Restriction Enzyme

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ