新規遺伝子、発現量に差のある遺伝子の単離に理想的

Clontech® PCR-Select™ cDNAサブトラクションキット

  • 新規遺伝子、発現量に差のある遺伝子の単離に理想的
  • 希少な転写産物を1,000倍以上に濃縮
  • 必要なpolyA RNAはわずか2 μg
  • cDNAサブトラクションの過程がわずか3~4日で完了
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 637401 Z7401N Clontech® PCR-Select™ cDNA Subtraction Kit
  • ライセンス
7回 ¥216,300
説明書・データシート・ベクター情報
Clontech PCR-Select cDNA Subtraction Kitを利用すれば、発現量に差のある差次的遺伝子(2種類のmRNA集団の一方で発現しているが、他方では低下または発現していない遺伝子)の選択的増幅を効率的に行うことができる(1~4)。通常、稀少転写産物の取得は非常に困難であるが、Clontech PCR-Select法はこのようなcDNAの同定に特に適している。本法では、一本鎖cDNAと二本鎖cDNAの物理的分離を要する他の方法とは異なり、目的の配列だけを指数的に増幅できる(図1)。Clontech PCR-Selectは次のように数多くの利点を有している。
・操作ステップが少なく、直接的な方法
Clontech PCR-Select法では、サブトラクションハイブリダイゼーションおよび差次的発現遺伝子増幅の一連の操作の過程で、遺伝子のサブトラクションが行われる。物理的分離は不要である。
・稀少転写産物を1,000倍以上に濃縮
本キットでは、転写産物の存在率の補正とサブトラクション操作を同時に行う。その結果、差次的に発現された稀少転写産物を得る確率が非常に高くなる。
・わずか2 μgのpolyA RNAでサブトラクションが可能
Clontech PCR-Selectで必要なpolyA+ RNA量はわずか2 μgなので、調製が困難な少量のRNAサンプルには特に有用である。total RNAがng程度しかない場合は、SMARTerあるいはSMARTer Pico PCR cDNA Synthesis Kit(製品コード 634925、634926あるいは634928)を利用し、Clontech PCR-Select cDNAサブトラクションに適する高品質のcDNAを作製する。

Clontech PCR-Select cDNA Subtraction KitにはPCR酵素は含まれていないので、別途用意する必要がある。ClontechではAdvantage 2 Polymerase Mix(製品コード 639201)の使用を推奨している。


図1. PHA/PMA処理ヒトJurkat T細胞中の活性化遺伝子の濃縮
サザンブロット解析によって、サブトラクト済みcDNA中においてハウスキーピング遺伝子量が低下していることが示された。PHA 2 μg/mlおよびPMA 2 ng/mlと共にヒトJurkat T細胞性白血病細胞を72時間培養し、テスターcDNAを調製した。ドライバーcDNAは未処理の同細胞から調製した。増幅したテスター、ドライバー、サブトラクト済みcDNAを、1.5%アガロースゲル(0.3 μg/レーン)で電気泳動した。泳動後ナイロンメンブレンに転写し、既知の活性化マーカーであるIL-2aプローブ(パネルA)、またはハウスキーピング遺伝子であるG3PDHプローブ(パネルB)でハイブリダイズを行った。

内容

・SMARTScribe Reverse Transcriptase
・cDNA Synthesis Primer
・5× First-Strand Buffer
・Dithiothreitol(DTT)
・20×Second-Strand Enzyme Cocktail
・5× Second-Strand Buffer
・T4 DNA Polymerase
・10×Rsa I Restriction Buffer
Rsa I
・T4 DNA Ligase
・5× DNA Ligation Buffer
・Adaptor 1
・Adaptor 2R
・Dilution Buffer
・4× Hybridization Buffer
・PCR Primer 1
・Nested PCR Primer 1
・Nested PCR Primer 2R
・PCR Control Subtracted cDNA
・Control Poly A+ RNA
・Control DNA
・G3PDH 5’Primer
・G3PDH 3’Primer
・dNTP Mix
・20×EDTA/Glycogen Mix
・Ammonium Acetate
・Sterile H2O

保存

Control Poly A+ RNA:-70℃
その他のコンポーネント:-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ