サイクリングプローブ法によるSNPタイピング

一塩基多型(SNP:single nucleotide polymorphism)のタイピングを行う場合、多型部位をカバーするようにRNA部分を設定した、蛍光標識の異なる野生型、変異型のサイクリングプローブをデザインすることがポイントとなる。これらのプローブとRNase H存在下で、調べたい多型部位を含む領域のPCR増幅を行いながら、リアルタイムに蛍光強度の変化をモニタリングすることで、迅速かつ正確なタイピングを行うことが可能である。
多型検出のスキーム
タカラバイオではプライマーおよびサイクリングプローブのカスタム設計・合成サービスも行っております。SNPs解析を行う場合は、SNP検出用(一塩基置換)プライマー・サイクリングプローブ設計/注文システム「CycleavePCR Assay Designer (SNPs) 」をご利用ください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ