多波長検出用qPCR(リアルタイムPCR)装置(96ウェル)

Thermal Cycler Dice® Real Time System II

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR TP900 TP900 Thermal Cycler Dice® Real Time System II
  • ライセンス
一式 ¥4,125,000
デモ受付中!
TKR TP960 TP960 Thermal Cycler Dice® Real Time System II MRQ
  • ライセンス
一式 ¥4,290,000
デモ受付中!
TKR TP840 TP840 Multiplate RQ
¥165,000
TKR TP802 TP802 Filter Unit(HEX/VIC) for Thermal Cycler Dice® Real Time System
1個 ¥450,000
TKR TP803 TP803 Filter Unit(Cy5) for Thermal Cycler Dice® Real Time System
1個 ¥450,000

新ソフトウェアダウンロードはこちらから

製品説明

Thermal Cycler Dice Real Time System II(製品コード TP900)は、1ラボ1台の感覚で手軽にご利用いただける96ウェルプレート対応のリアルタイムPCR装置である。従来品(製品コード TP800)をリニューアルした本製品は、コンパクトで低価格でありながら、高性能ハードウェアと非常に使いやすいソフトウェアを搭載している。
ペルチェ素子を用いた安定した温度制御とウェル間で測定時間差のないカメラ撮影方式での蛍光検出により、ウェル間・実験間で高い均一性、再現性を実現している。蛍光フィルターは、FAM/SYBR Green I およびROX/Texas Redの2種類を標準装備している。SYBR Green I検出や各種プローブ検出によるリアルタイムPCRが可能であり、FAM標識プローブとROX標識プローブによるマルチプレックスPCRも行うことができる。オプションフィルター(HEX/VICフィルター、Cy5フィルター)の追加搭載も可能である。
本体制御用コンピューターは日本語OSを搭載している。またソフトウェアは直感性を重視した2種類のソフトウェア~MIQEガイドラインに準拠したソフトウェア(Software Ver.4)および食品環境検査用ソフトウェア(日本語表示)~を標準装備しており、セットアップから結果の解析まで、初めて操作される方でもスムーズに操作できる。研究者のニーズにこたえた解析手法に対応しており、クリック一つで解析法を切り替え可能である。

Thermal Cycler Dice Real Time System II MRQ(製品コード TP960)は、相対定量解析ソフトウェア「Multiplate RQ」を搭載した多波長検出モデルである。Multiplate RQは、リアルタイムPCR実験の反応数増加への対応、複数のリファレンス遺伝子を用いた補正による正確な定量といったニーズに対応して開発された相対定量解析ソフトウェアである。複数プレートにまたがる多検体、多遺伝子の相対定量解析を簡単に行うことができる。

特長

~高性能ハードウェア~

     
  • 安定した温度制御と光学システムが高い解析精度を実現
    TaKaRa PCR Thermal Cycler Diceシリーズで実績のあるペルチェ素子を用いた安定した温度制御と、上方から96ウェルを同時に測定するカメラ撮影方式での測定時間差のない蛍光検出により、ウェル間・実験間で高い均一性、再現性を実現している。
    96ウェルでの反応・検出に高い均一性を保持しており(図1)、タカラバイオのSYBR Premix Ex Taq II (Tli RNaseH Plus)(製品コード RR820A/B)やSYBR Premix Ex Taq II (Perfect Real Time)(製品コード RR081A/B)と組み合わせることで、2倍差の解析も可能である(図2)。


    ■96ウェル間での高い均一性
    96ウェルで同一の反応を行い、Ct値の精度を調べた。すべてのウェルで均一な反応および検出ができていることがわかる。
    ■高い精度の解析を実現
    6段階の2倍希釈系列の鋳型を用いて反応。各濃度の鋳型は正確に1サイクルずつの幅で検出され、高い信頼性で2倍の濃度差を測定可能なことがわかる。
    図1 N=96での均一性
      平均Ct値=22.4
      標準偏差=0.0601
      変動係数(%CV)=0.27
    試薬:SYBR Premix Ex Taq II (Tli RNaseH Plus)(製品コード RR820A/B)
    鋳型:Mouse cDNA 1 ng
    図2 2倍差の検出

    試薬:SYBR Premix Ex Taq II (Tli RNaseH Plus)(製品コード RR820A/B)
    鋳型:マウスtotal RNA 1.562 ng~50 ng相当のcDNA (N=3) (ターゲットはActb遺伝子)

  • SYBR Green I検出、プローブ検出のどちらにも対応
    2種類のフィルター(FAM/SYBR Green IおよびROX/Texas Red)を標準装備している。SYBR Green I検出や各種プローブ検出によるリアルタイムPCRが可能であり、FAM標識プローブとROX標識プローブによるマルチプレックスPCRも行える。オプションフィルター(HEX/VICフィルター、Cy5フィルター)を追加搭載することで、さらに応用の可能性が広がる。
  • コンパクトボディー
    96ウェルプレート対応でありながら非常にコンパクトな省スペース設計である。可動部は前面のスライドリッドだけであり、棚に設置しても容易に操作できる。
  • レポート機能の充実
    日本語OSを搭載しているため、検体名などは日本語入力も可能である。
    <出力形式>
    Microsoft Word(.docx)、Microsoft Excel(.xlsx)、Microsoft PowerPoint(.pptx)、PDF(.pdf)
    カンマ区切りテキストファイル(.csv)、テキスト(.txt)、ビットマップ(.bmp)



~研究者が考案した使い勝手抜群のソフトウェア(2種)~


  • MIQEガイドラインに準拠した新時代のソフトウェア

    • 便利機能満載のプログラム設定
      ソフトウェアはシンプルな5画面で構成されており、直感性を重視した設計になっている。セットアップから結果解析まで、初めて操作される方でもスムーズに操作できる。
    • 多様な解析手法に対応
      研究者のニーズにこたえたさまざまな解析手法に対応しており、クリック一つで解析法の切り替えが可能である。
       ・Ct値の算出:Crossing Point法および2nd Derivative Maximum法
       ・相対定量解析手法:検量線法、ΔΔCt法(比較Ct法)
       ・定性解析手法:SNP Genotyping Assay、Plus/Minus Assay

    • MIQEガイドラインに準拠し、RDMLファイルの出力が可能

    • 相対定量解析ソフトウェア「Multiplate RQ」を搭載*
      <Multiplate RQの特長>
      ・複数のリファレンス遺伝子(ハウスキーピング遺伝子など)を用いた補正が可能
      ・複数プレートにまたがる多検体、多遺伝子の相対定量が簡単に行える
      ・複数のランファイルを一度にまとめて解析できる
      ・検量線法とΔΔCt法の両方に対応
      ・グラフ表示や様々な形式での出力が可能(定評のあるシステムソフト機能を継承)
      * 本ソフトはThermal Cycler Dice Real Time System II MRQ(製品コード TP960)に標準搭載している。製品コードTP900の場合は、後から追加インストール可能である。

  • 直感的に操作できる食品環境検査用ソフトウェア(日本語表示)
    • 基本表示もレポート出力もすべて日本語の完全日本語サポート
      各種メニューや項目はすべて日本語で表示されており、セットアップから解析まで直感性を重視したソフトウェア設計であるため、スムーズにリアルタイムPCR解析を行うことができる。

    • 検査用途に適した5つの解析タイプを搭載
      +/-判定(CycleavePCR Kit)、+/-判定、絶対定量、相対定量、SNPsタイピングの5種類の解析タイプが装備されており、あらゆる検査用途に対応可能である。
    • CycleavePCRキット専用モードなら、反応開始から結果判定までデフォルトのままで使用可能
      CycleavePCRキットを用いる解析の多くは、デフォルト設定で行うことができ、反応終了後には「総合判定」ボタンを押すだけで「Posi」「Nega」などの結果を表示できる。初めてでも簡単に使用可能である。

仕様

外形寸法290(W) ×517(D) ×397(H) mm
重量23.5 kg
電源AC100~240 V、50/60 Hz、620 W
加熱冷却方式ペルチェ素子
蛍光励起光源ハロゲンランプ 100 W
最大加熱速度1.8℃/秒
最大冷却速度1.8℃/秒
温度設定範囲4.0℃~99.9℃(0.1℃単位)
温度精度94℃設定/55℃設定で±0.5℃
4℃設定で±2.0℃
蛍光励起波長2種(最大4種類まで搭載可能)
蛍光検出波長2種(FAM/SYBR Green I、ROX/Texas Red)
(最大4種類まで搭載可能
 追加可能なオプションフィルター:HEX/VIC、Cy5)
蛍光検出法CMOSカメラ方式
融解曲線分析可能
リアルタイムでの表示可能
同時測定サンプル数96サンプル
反応液量推奨25 μl(最大50 μl)
サンプル容器、容量0.2 mlチューブ、96穴プレート
コンピューターOSWindows XP、Vista、7、8.1
相対定量解析ソフトウェア「Multiplate RQ」Thermal Cycler Dice Real Time System II MRQのみ標準搭載

仕様は予告なしに変更することがあります。

本体外観

リアルタイムPCR関連実験の各種手法をホームページでご紹介しています。あわせてご参照ください。
 


実機を用いたデモの受付は、こちらから

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ