酵素に残存するDNAを抑制したPCR試薬

TaKaRa Taq™ HS Low DNA

  • 低コピー遺伝子の特異的PCR増幅が可能
  • 独自技術により混入DNAを極限まで抑制
  • 改変型酵素の使用で、従来の高速タイプより高い反応性を実現
  • dNTP、Mg2+を含むプレミックス試薬
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR R090A R090A TaKaRa Taq™ HS Low DNA
100回 ¥16,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

TaKaRa Taq HS Low DNAは、タカラバイオ独自の精製技術およびDNA不活化処理により、酵素調製後に残存する宿主大腸菌由来DNAやその他の原料由来DNA等、製造工程で混入したPCRの鋳型となりうるDNAを極限まで抑制したプレミックスPCR試薬である。伸長速度と特異性を高めた改良型Taq DNA polymeraseを使用することにより、高感度で特異的なPCR増幅を迅速に行うことができる。本酵素は常温下でのDNA polymerase活性を抑えるモノクローナル抗体を添加したホットスタート用PCR酵素であり、PCR反応前のミスプライミングやプライマーダイマーに起因する非特異的増幅を抑えることができる。この抗体は、PCRの最初の変性ステップで変性するため、特別な活性化ステップは必要ない。また、反応コンポーネントをプレミックス化したことにより、常温での迅速な反応液調製が可能である。本酵素は5’→3’exonuclease活性および3’→5’exonuclease活性を有しない。

パンフレットもご覧ください

内容

(100回用)
TaKaRa Taq HS Low DNA(2×) 1,000 μl
dH2O for Low DNA  1,000 μl

反応容量20 μlでの回数

保存

-20℃

起源

Escherichia coli carrying a plasmid that encodes the Thermus aquaticus DNA polymerase gene

用途

・低コピー数からのPCR法によるDNA増幅
・菌叢解析

品質検定

ヒトゲノムを鋳型としたPCR反応(増幅産物2 kb)において良好な増幅が見られることを確認している。

一般的なPCR反応組成(total 20 μl)

TaKaRa Taq HS Low DNA10 μl
Template< 100 ng
Primer 10.2 μM*1(final conc.)
Primer 20.2 μM*1(final conc.)
dH2O for Low DNAup to 20 μl

注)反応液の室温調製も可能であるが、試薬は必ず氷上に置いて使用する。
*1: Ramp temperature speedが5℃以上の高速サーマルサイクラーを用いる場合、Primer濃度を0.6 μMに設定する。

Primer 設計

PrimerはTm値が55℃より高くなるように設定する。
(Tm値は下記のTm近似計算式※で計算)
Tm値=4×(G, Cの数)+2×(A, Tの数)+35-2×(総塩基数)
注)Nearest Neighbor法により計算したTm値を利用する場合は、PrimerのTm値が60℃より高くなるように設定する。

PCR条件

2 step PCR
94℃*2
65℃

5 sec.
20 sec./kb
30~35 cycles*3

3 step PCR*4
94℃*2
55℃
68℃

5 sec.
1 sec.
20 sec./kb
30~35 cycles*3

*2 変性温度は必ず94℃に設定してください。変性温度を95℃以上に設定すると、酵素の失活による反応性低下が起こります。
*3 40サイクルを超える増幅は推奨しません。
*4 Tm近似計算式で計算したTm値が55℃以下の場合(Nearest Neighbor法で計算したTm値が60℃以下の場合)は、3 step法をお試しください。

注意

本製品は従来のベーシックPCR酵素と比べて、非常に少ない鋳型量からの増幅に対応したPCR酵素です。
そのため微生物検出を目的とした場合、反応系に混入した環境細菌由来の微量なDNAを鋳型に増幅する場合があります。
その場合はPCRのサイクル数を減らす、またはプライマー設計を変更することをお勧めします。

PCR産物について

TaKaRa Taq HS Low DNAを用いて増幅したPCR産物のほとんどは、3’末端にAが1塩基付加されている。したがって、そのPCR産物をそのままT-Vectorにクローニングすることができる。また、末端平滑化およびリン酸化を行って、平滑末端のベクターにクローニングすることも可能である。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ