SYBR® Advantage® qPCRプレミックス

  • 最適濃度のSYBR Green Iをあらかじめ混合したリアルタイムPCR用プレミックス試薬
  • さまざまなリアルタイムPCR装置(レーザー、ランプ、LEDシステム)に対応
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 639676 Z9676N SYBR® Advantage® qPCR Premix
  • ライセンス
200回 ¥31,500
説明書・データシート・ベクター情報
SYBR Advantage qPCR Premixは、便利な2× 濃度のマスタープレミックスで、SYBR Green I検出によるqPCR(定量PCR、リアルタイムPCR)用に特別に調製されている。本試薬には、全長Taq DNAポリメラーゼ、ホットスタート用抗体、SYBR Green I、dNTPs、および最適化したバッファーが含まれ、リアルタイムPCRでの非常に高い感度と増幅効率を実現し、高速リアルタイムPCRでも高い性能を示す。本試薬を用いることで、高感度かつ広いダイナミックレンジで正確な定量が可能になる。SYBR Advantage qPCR Premixには、ROX Reference Dye LSRとROX Reference Dye LMPが添付されており、装置に合わせて適切なROXを用いることで蛍光シグナルの補正が可能である。

高い反応特異性と高い増幅効率を提供

SYBR Advantage qPCR Premixは、A社製のリアルタイム試薬に比べ、高い反応特異性を示す。図1の実験では、Clontechの試薬がシングルピークの融解曲線を示したのに比べ、A社の試薬では融解曲線分析で複数のピークが見られ、特に鋳型のコピー数が少ない場合に非特異的増幅が顕著であった(図1)(1)。また、図2に示すCt値のシフトからわかるように、SYBR Advantage qPCR PremixはB社の試薬より高い増幅効率を示す。
SYBR Advantage qPCR Premixはその他の競合製品と比べた場合にも、反応特異性(融解曲線から目的産物のみの特異的増幅を確認)、増幅効率、感度(増幅曲線がより低いCt値を示す)の面でより優れた性能を発揮する。

図1. Roche LightCyclerを用いて、SYBR Advantage qPCR PremixとA社SYBR mixの反応特異性を比較
SYBR Advantage qPCR Premixでの結果をパネルA(増幅曲線)とパネルC(融解曲線)に、A社試薬での結果をパネルB(増幅曲線)とパネルD(融解曲線)に示した。
サイクリング条件は以下の通りである。
SYBR Advantage qPCR Premix: 95℃ 10秒→95℃ 5秒/60℃ 20秒;45サイクル。A社試薬:95℃ 10分→94℃ 10秒/55℃ 5秒/72℃ 10秒;45サイクル


図2. ABI PRISM 7000 Sequence Detection Systemを用いて、SYBR Advantage qPCR PremixとB社SYBR mixの増幅効率を比較
SYBR Advantage qPCR Premixでの結果をパネルA(増幅曲線)に、B社試薬での結果をパネルB(増幅曲線)に示した。
サイクリング条件は以下の通りである。
SYBR Advantage qPCR Premix: 95℃ 10秒→95℃ 5秒/60℃ 31秒;40サイクル。B社試薬:95℃ 10分→95℃ 15秒/60℃ 1分;45サイクル

内容

2×SYBR Advantage qPCR Premix
50×ROX Reference Dye LSR
50×ROX Reference Dye LMP

ウェル間の蛍光シグナルの補正を行う装置で解析する場合に使用します。
  • ROX Reference Dye LSRを添加する機種
    光源がレーザーの機種  :Applied Biosystems 7300 Real-Time PCR System (Life Technologies社) など
    (注意)StepOne/ StepOnePlus Real-Time PCR System(Life Technologies社)はLED光源ですが、ROX Reference Dye LSRをご使用ください。
  • ROX Reference Dye LMPを添加する機種
    光源がLamp またはLEDの機種 :Applied Biosystems 7500/7500 Fast Real-Time PCR System(Life Technologies社) など

保存

-70℃ (遮光保存)
融解後は、4℃で遮光保存

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ