Alkaline Phosphatase特性比較

主要なAlkaline Phosphataseである大腸菌由来の酵素(BAP)と仔牛小腸由来の酵素(Calf Intestinal Alkaline Phosphatase、CIAP)について、両者の特性比較を下表に示します。

表1 BAPとCIAPの特性比較

BAP CIAP
分子量 約80,000 約100,000
サブユニット 2 2
金属イオン Zn2+ Zn2+
糖鎖 なし ある
至適pH
(測定条件)
8.0
(1 M Tris-HCI, 1 mM pNPP)
9.8
(1 M diethanolamine, 15 mM pNPP)
Tris濃度の影響 *1  1 M 100% 100%
0.1 M 35% 25%
0.01 M 21% 14%
温度の影響 *2      25℃ 100% 100%
37℃ 140% 135%
50℃ 222% 139%
56℃ 282% 182%
65℃ 412% 129% *3
熱安定性(65℃) active 30分で失活
pNPP:p-nitrophenyl phosphate
*1 各々の酵素活性測定条件(後述の各製品説明の項参照)を100%としたときのTris濃度の影響を調べている。
*2 添付Buffer条件下、10分間反応時の活性の影響を調べている。
*3 反応時間中に失活

上記のように、BAP、CIAPは熱安定性が差があるため、失活条件が異なります。BAPは非常に安定性の高い酵素であり、反応終了後少なくとも2回フェノール処理を行う必要があります。CIAPは、キレート剤存在下65℃、30分の熱処理で99%以上の活性が不可逆的に失活しますが、使用条件によっては不充分な場合もあるため、完全に失活させるためにはフェノール処理を行ってください。
平滑末端や5'陥没末端の脱リン酸化は一般的に効率が低いため、BAPを用いた高温(55~60℃)での脱リン酸化反応を推奨します。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ