DNA Polymerase特性比較


DNA Polymerase I
(E. coli)
Klenow Fragment T4 DNA
Polymerase

DNA Polymerase 5'→3'
Exonuclease dsDNA 5'→3'
ssDNA 3'→5' +++
dsDNA 3'→5' ±*1 ±*1
RNaseH

Single-Stranded DNA
Single-Stranded RNA ±*2 ±*2
分子量 109,000 68,000 114,000
至適pH*3 7.4 7.4 8.8
金属イオン Mg2+ Mg2+ Mg2+
processivity*4 10~50塩基 10~50塩基 n. i.
elongation速度 20~30塩基/s 20~30塩基/s 100塩基/s
ddNTPの取り込み 低い*5 低い n. i.
vortex攪拌の影響 不安定 不安定 不安定
(n. i.:no information)
*1 ssDNA 3'→5' exonucleaseによる過剰反応であり、分解能は低い
*2 逆転写酵素の活性測定系(poly r(A)n)に対しては活性があるが、天然のRNAに対する活性は低い
*3 Polymeraseとしての至適pH。共存するexonucleaseの至適pHは一般に異なる
*4 酵素が基質に貼り付いてから遊離する(1 attack)までに合成する鎖長
*5 ddNTPの取り込みが低いということは、阻害を受けにくいということを意味する。
     T4 DNA Polymeraseの場合、exonucleaseが強いため、取り込みの程度は測定困難

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ