平滑末端を突出末端へ変換

Adaptors情報

アダプターライゲーションの原理

アダプターとリンカーを組合せて用いると、リンカーライゲーション→制限酵素による切断という通常の手順を経ずに、突出末端の形態がデザインできる。すなわちメチラーゼによるインサートの保護を必要としない。

塩基配列

BamH I(Bgl II)-Sma I * d (GATCC CCGGG)
EcoR I-Sma I d (AATTC CCGGG)
Hind III-Sma I d (AGCTC CCGGG)
Sal I-Sma I d (TCGAC CCGGG)
pSma I linkerpd (CCCGG G)

* Adaptor, BamH I(Bgl II)-Sma IをBgl II サイトに用いたときは制限酵素サイトが消失する。

用途

平滑末端の突出末端への変換:各アダプターは、pSma I Linkerとアニーリングさせ、Sma I サイトを作製して使用する。
これらの配列は、カスタム合成にて承っております。
価格など詳細に関しましては、下記までお問い合わせください。

TEL:077-565-6999

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ