制限酵素の高品質保証

Ligation-Recutting効率品質規格

制限酵素を使用するうえで重要な純度検定であるLigation-Recutting TestにおけるLigation-Recutting効率品質規格を一覧表にまとめた。TaKaRaの制限酵素は、この規格により高い品質を保証している。
Ligation-Recutting Test対象の基質DNAに対して、まず、2~50倍過剰の酵素を作用させる。 切断されたDNAを回収し、5'末端濃度が0.1~1.0 μMになるようにT4 DNA Ligase Buffer[66 mM Tris-HCl(pH7.6)、6.6 mM MgCl2、10 mM DTT、0.4 mM ATP]に溶解させる。適当量のT4 DNA Ligaseを加え、16℃で1時間あるいは16~18時間反応させる。DNA回収後、制限酵素反応液に溶解させ、同じ制限酵素でDNAを再切断する。以上の結果により、ligase inhibitor、phosphatase、exonucleaseの有無を判定している。
制限酵素 ライゲーション効率(%) 再切断効率(%)
Aat II >90 >95
Acc I >90 100
Acc II >90 100
Acc III >95 100
Afa I 90 100
Afl II >95 100
Alu I >95 100
Aor13H I >95 100
Aor51H I 90 95
Apa I >95 100
ApaL I >95 100
Bal I >90 100
BamH I >95 100
Ban II 100 100
Bci T130 I 90 90
Bcn I * 90 90
Bgl I >95 100
Bgl II >95 100
Bln I 90 100
BmeT110 I >90 100
BmgT120 I 90 100
Bpu1102 I 90 100
BspT104 I >95 100
BspT107 I >95 100
Bsp1286 I 90 100
制限酵素 ライゲーション効率(%) 再切断効率(%)
Bsp1407 I 90 100
BssH II 90 100
BstP I >95 100
BstX I >90 100
Bst1107 I 90 90
Cfr10 I 90 100
Cla I >95 100
Cpo I 100 100
Dde I >95 >95
Dra I >90 100
Dpn I >70 >90
Eae I 100 100
Eam1105 I 90 90
EcoO65 I 95 100
EcoO109 I >95 100
EcoR I 100 100
EcoR V 90 100
EcoT14 I 100 100
EcoT22 I 90 100
Eco52 I 90 100
Eco81 I * 90 90
Fba I 100 100
Fok I >95 100
Hae II >95 100
Hae III >95 100
制限酵素 ライゲーション効率(%) 再切断効率(%)
Hap II >90 100
Hha I >90 100
Hinc II >95 100
Hind III 100 100
Hinf I >90 100
Hin1 I 90 100
Hpa I >95 100
Kpn I >90 >95
Mbo I 95 100
Mbo II 90 100
Mfl I >95 100
Mlu I 100 100
Msp I 90 100
Mun I 90 100
Nae I 90 100
Nco I >95 100
Nde I 90 100
Nhe I 90 95
Not I >95 100
Nru I 95 95
Nsb I >90 >90
PmaCI 95 100
PshA I >90 100
PshB I 95 100
Psp1406 I 90 100
制限酵素 ライゲーション効率(%) 再切断効率(%)
Pst I >95 100
Pvu I >95 100
Pvu II >95 100
RspRS II >95 >95
Sac I >99 100
Sac II >90 95
Sal I >95 100
Sau3A I >95 100
Sca I >95 100
Sfi I 90 100
Sma I >95 100
Smi I >80 >90
SnaB I 90 >95
Spe I >99 100
Sph I 100 100
Sse8387 I 100 100
Ssp I 90 100
Stu I >95 100
Taq I >90 >90
Tth111 I >90 >90
Van91 I 90 100
VpaK11B I >90 100
Xba I 100 100
Xho I >95 100
Xsp I >90 100
* ライゲーション反応にはTaKaRa DNA Ligation Kit Ver.2を使用し、26℃で10分間反応させる。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ