制限酵素の高品質保証

pKF3 Cloning Test

  • ●pKF3 Cloning Test

制限酵素Quality Control

pKF3 Cloning TestはEnforcement Cloning Vector pKF3 DNAのマルチクローニングサイトに1ヵ所切断部位を持つ制限酵素についてテストしている。このDNAのマルチクローニングサイトはその全塩基配列が,rpsL遺伝子をコードしており、rpsL遺伝子が発現すると、宿主をストレプトマイシン(Sm)耐性からSm感受性に強制する。制限酵素にエキソヌクレアーゼ等の微量のヌクレアーゼが混在すると、rpsL遺伝子にデレーションが生じて、宿主はSm耐性のままとなる。この性質を利用することにより、制限酵素中に混在する微量のヌクレアーゼを検出することができる。

図1 pKF3 Cloning Testの原理図

pKF3 Cloning Testの操作方法

  1. Enforcement Cloning Vector pKF3マルチクローニングサイトに1ヵ所切断部位を持つ制限酵素について、pKF3DNAに対し10倍過剰の制限酵素を作用させる。
  2. 失活処理の後、切断されたDNAの一部をDNA Ligation Kit Ver.1(製品コード 6021)を用いて16℃で30分間反応させる。 
  3. この反応液の一部でTH2 Competent Cellsを形質転換し、LB-Cm-Sm plate(クロラムフェニコール、ストレプトマイシンを含む)、LB-Cm plate(クロラムフェニコールを含む)の2種類のプレート上で37℃で二晩培養する。
    制限酵素にエキソヌクレアーゼ等がほとんど含まれなければ、得られた形質転換体はストレプトマイシン感受性に強制されるので、LB-Cm-Sm plate上にはコロニーを形成しない。また、制限酵素にエキソヌクレアーゼ等がコンタミしていれば、rpsL遺伝子欠失株が得られるので、LB-Cm-Sm plate上にコロニーを形成する。LB-Cm-Sm plate上に出現するコロニーの有無により、極微量のエキソヌクレアーゼ等の有無を判定できる。TaKaRaでは形質転換体(LB-Cm plate上に出現するコロニー数)に対するrpsL遺伝子欠失形質転換体(LB-Cm-Sm plate上に出現するコロニー数)の占める割合が2%未満になることを確認している。

培地組成

LB-Cm-Sm plate
Yeast Extract5 mg/ml
Pepton10 mg/ml
NaCl5 mg/ml
Chloramphenicol30 μg/ml
Streptomycin50 μg/ml
Agar1.5%
LB-Cm plate
Yeast Extract5 mg/ml
Pepton10 mg/ml
NaCl5 mg/ml
Chloramphenicol30 μg/ml
Agar1.5%

pKF3 Cloning Testを採用している制限酵素一覧表

Acc III Aor13H I Aor51H I Ava II Bal I BamH I Ban II Bgl II
BspT104 I BstP I Bst1107 I Cla I EcoO65 I EcoR I EcoT14 I Eco52 I
Fba I Hind III Hpa I Kpn I Mlu I Nco I Nde I Not I
Nsb I PshB I Pst I Pvu I Pvu II Sac I Sac II Sal I
Sma I Sph I Sse8387 I Stu I VpaK11B I Xba I Xho I

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ