HAT™ タンパク質発現&精製システム

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 631205 Z1205N HAT™ Protein Expression & Purification System
  • ライセンス
1 Set ¥96,800
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

HAT Protein Expression and Purification System(特許出願中)を用いれば、タンパク質の発現と精製を効率よく簡単に行える。HATベクターには新規のポリヒスチジンエピトープタグがコードされており、大腸菌で発現させたタグ融合目的タンパク質を、中性pH/生理的pHの穏やかな条件下で精製できる。HAT (histidine affinity tag) タグは天然に存在するポリヒスチジンペプチドで、インクルージョンボディーを形成しにくい特長を示す。また、本タグは6×Hisより長く(表1)、高分子量の目的タンパク質と融合発現した場合、高分子量タンパク質構造の外側に位置する可能性が高いため、高分子タンパク質の発現、精製に有利な場合がある。すなわち、タンパク質構造内にタグ配列がもぐりこんだ場合に比べ、精製用樹脂とヒスチジン残基がたやすく結合でき、目的タンパク質の精製が容易になる。本システムに含まれるTALON樹脂を組み合わせることで、変性条件下、非変性条件下のいずれでも簡単に目的タンパク質精製を行える(表2)。

図1. TALON Superflowを用いたHATタグ融合タンパク質のFPLC精製
pH7.0の50 mMリン酸ナトリウム、0.3 M塩化ナトリウム、5 mMイミダゾール溶液でE. coli細胞を抽出し、150 mMイミダゾール溶液で溶出した。
パネルA:TALON Superflow Columnで細胞ライセートを精製した。
パネルB:SDS-PAGEによる解析結果 M:分子量マーカー


表1. ポリヒスチジンタグ配列
タグアミノ酸配列
6×HisHis -His -His -His -His -His
6×HNHis -Asn -His -Asn -His -Asn -His -Asn -His -Asn -His -Asn
HATLys -Asp -His -Leu -lle -His -Asn -Val -His -Lys -Glu -Glu -His -Ala -His -Asn -Lys

表2. HATタンパク質発現&精製システム
HAT Systemの特徴利点
長いタグ高分子量タンパク質に最適
タグを通して均一に分布する電荷高い溶解度
独自の天然の配列を使用宿主細胞に対する毒性の可能性を低下
生理的pHで精製目的タンパク質の構造を維持

pHAT Vectors
HAT SystemはpHA10/11/12という3種類のpHAT Vectorを含んでいる。これらは同一のコンストラクトで、3通りのリーディングフレームでマルチクローニングサイト(MCS)を有している。なお、ベクター内にはエンテロキナーゼ(EK)切断部位が組み込まれており、精製したタンパク質からHAT配列を除去することができる。また、制限酵素部位を利用してHAT配列をEKサイトと共に、または単独で切り取り、他のベクターにクローニングすることもできる。

図2. pHAT 10/11/12ベクターマップ

内容

・pHAT10 Vector
・pHAT11 Vector
・pHAT12 Vector
・pHAT-DHFR Control Vector
・TALON Resin
・Buffer A
・Buffer B
・Buffer C
・Guanidine HCl
・Disposable Plastic Columns

保存

Buffers、TALON Resin:4℃
カラム:室温
その他のコンポーネント:-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ