低温でのタンパク質溶液の核酸除去と粘性の低減に

Cryonase™ Cold-active Nuclease

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 2670A 2670A Cryonase™ Cold-active Nuclease
  • ライセンス
  • バルクなど特別対応可能
10,000 U ¥17,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR 2670B(A×5) 2670B(A×5) Cryonase™ Cold-active Nuclease
  • ライセンス
  • バルクなど特別対応可能
50,000 U ¥65,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

Cryonase Cold-active Nucleaseは低温菌Shewanella sp.由来のエンドヌクレアーゼを組換え大腸菌で発現・精製したものであり、あらゆるDNAおよびRNA基質(一本鎖、二本鎖、直鎖状、環状)を低温で切断可能である。
氷上でも活性を示すため、タンパク質など熱に不安定な物質を含むサンプル中の核酸を分解する際に有用である。
本製品は、京都大学化学研究所 江崎信芳教授らの研究グループとの共同研究のもとで、当社が同教授グループよりShewanella livingstonensis Ac10菌体の提供を受け、そのゲノム解析を行った成果に由来している。

保存

-20℃

濃度

20 U/μl

形状

10 mM Tris-HCl、pH7.5
20 mM NaCl
2 mM MgCl2
50% glycerol

起源

組換え大腸菌で発現

活性の定義

サケ精巣由来DNAを基質として、37℃、pH7.5において反応液(3 ml)の260 nmの吸光度を1分間に0.001増加させる酵素活性を1 Uとする。

活性測定用反応液組成

83 mM Tris-HCl、pH7.5
4.2 mM MgCl2
33 μg/ml 基質DNA

純度

  • プロテアーゼの混入が検出限界以下である。

用途

  • ゲノムDNAの分解
  • 菌体からのタンパク質抽出時の粘性の低減
  • 二次元電気泳動サンプルの前処理
  • ウイルス精製時の前処理

参考データ

○各温度における相対活性

○pHの影響
 至適pH域:7.0~9.0
 有効pH域:6.0~10.0

○Mg2+各濃度での相対活性(pH7.5、37℃)
 至適濃度域:60~120 mM

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ