タンパク質還元・アルキル化

  • 二次元電気泳動の前処理に最適
  • 簡便な操作で迅速
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
GNO 786-232 GA503 FOCUS™ Protein Alkylation
  • 取寄
100反応 ¥17,000
説明書・データシート・ベクター情報
GNO 786-230 GA501 FOCUS™ Protein Reductant
  • 取寄
100反応 ¥17,000
説明書・データシート・ベクター情報
GNO 786-231 GA502 FOCUS™ Protein Reductant-Alkylation
  • 取寄
100反応 ¥29,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

FOCUS Protein Alkylation(製品コード 786-232)は、タンパク質のチオール対の再酸化を抑制しながら、チオール基のアルキル化を行うためのキットである。溶液を添加するだけの簡便な操作でアルキル化が可能である。

FOCUS Protein Reductant(製品コード 786-230)は、タンパク質還元のための、水溶性、無臭、無毒で安定なTCEP [Tris (2-carboxyethyl) phosphine]還元剤を含む製品である。本製品は、DTTと比較してより安定で効果の高い製品であり、酸性pHを含む広いpH範囲でタンパク質を還元することができる。本製品の使用により、室温で5分以内にジスルフィド結合を完全に還元することができる。さらに、DTTや他の還元剤と違って、本製品は、アルキル化剤ヨードアセトアミドと同時に使用できるため、二次元電気泳動解析においてチオール基のアルキル化と同時に利用可能である。


FOCUS Protein Reduction-Alkylation(製品コード 786-231)は、タンパク質の還元とアルキル化を簡便な2段階のステップで行うための製品である。まず、反応性が高く安定なTCEP [Tris (2-carboxyethyl) phosphine]によってジスルフィド結合が還元され、次にアルキル化剤ヨードアセトアミド試薬によるアルキル化によってチオール基がブロックされる。

内容

FOCUS Protein Alkylation(製品コード 786-232)
・Iodoacetamide
・Alkylation Buffer

FOCUS Protein Reductant(製品コード 786-230)
・FOCUS-Protein Reductant
・Reductant Buffer

FOCUS Protein Reduction-Alkylation(製品コード 786-231)
・FOCUS Protein Reductant
・Reductant Buffer
・Iodoacetamide
・Alkylation Buffer

保存

-20℃
FOCUSはGeno Technology社(G-Biosciences)のトレードマークです。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ