TALON® (Cobalt) カラム-大腸菌培養液から精製

  • 大腸菌培養液から直接、ワンステップでHisタグ融合タンパク質を精製
  • カラムは直ちに使用可能
  • 最高500 μgの目的タンパク質を結合
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 635628 Z5628N TALON® Single Step Columns (5 ml)
  • ライセンス
25本 ¥49,400
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635631 Z5631N TALON® Single Step Columns (5 ml)
  • ライセンス
2本 ¥8,400
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635632 Z5632N TALON® Single Step Columns (20 ml)
  • ライセンス
10本 ¥49,400
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635651 Z5651N HisTALON™ Buffer Set
20回 ¥34,700
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

TALON Single Step Columnは大腸菌培養液から直接ポリヒスチジンタグ融合タンパク質をワンステップ精製できるように設計されている。本カラムを使用するとミニスケールでのタンパク質の調製が可能となり、同時に多数の異なるタンパク質を速やかに精製できる。使い捨てカラムチューブに溶解用バッファー(乾燥状態)と樹脂を充填しているので、準備段階の大腸菌の溶解や分離、遠心と樹脂への吸着を一度に実施でき、1時間以内で精製が完了する。

迅速な単離法

全精製過程は1時間以内に完了する(図1)。Hisタグ融合タンパク質を発現している大腸菌培養液を直接カラムに加え、15分以上混合する。その間にカラム内のTALON xTractor Bufferが大腸菌細胞を溶解し、Hisタグ融合タンパク質が放出される(1、2)。カラム内でTALON ResinがHisタグと結合することにより、Hisタグ融合タンパク質が容易にアフィニティー精製される(3)。本カラムで、5 mlの発現培養液から0.2~0.5 mgの目的タンパク質が得られる。発現量や目的用途に必要な精製度によっては、洗浄ステップを操作から省き、さらに操作を簡略化することもできる。


図1. TALON Single Step Columnを用いたワンステップ精製
TALON Single Step Columnを用いれば手間のかかる大腸菌の溶解や遠心操作が不要である。15~30分のインキュベーション中にカラム内のxTractorバッファーが大腸菌細胞を溶解し、TALON ResinがHisタグ融合タンパク質に結合する。細胞片や他の混入物はカラムを素通りするため、洗浄後にHisタグ融合タンパク質を溶出するだけである。この簡便法では多種類のタンパク質を同時並行して速やかに精製することができる。

図2. TALON Single Step Column、5 mlサイズ(製品コード 635628, 635631)


図3. TALON Single Step Column、20 mlサイズ(製品コード 635632)

保存

室温

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ