DYKDDDDK タグ 免疫沈降キット(磁気ビーズ)

  • DYKDDDDK(FLAG)融合タンパク質の磁気ビーズによる迅速で簡便な単離
  • 変性タンパク質も高純度に精製
  • 内因性タンパク質に交差性が低く、特異性の高い抗体を使用
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 635696 Z5696N Magnetic Beads Immunoprecipitation Buffer Set
50回 ¥24,200
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

Magnetic DYKDDDDK Immunoprecipitation Kitは、anti-DYKDDDDKモノクローナル抗体をクロスリンクされた磁気ビーズを使用し、細胞ライセートからFLAG-Tag融合タンパク質を迅速かつ簡便に精製、または免疫沈降するキットである(販売終了)。キットには免疫沈降のバックグラウンドを低下するように最適化されたMagnetic Beads Immunoprecipitation Buffer Setと内因性プロテアーゼによるタンパク質の分解を阻害するProteoGuard Protease Inhibitor Cocktailも含まれる。

アプリケーション

  • 細胞ライセートからのDYKDDDDK(FLAG)融合タンパク質の精製または免疫沈降
  • DYKDDDDK(FLAG)融合タンパク質の同定
  • ハイスループットなタンパク質間相互作用の研究

抗体

マウスハイブリドーマ細胞
Isotype: G2a Kappa
ビーズにクロスリンクされた抗体量: 8 mg/ml
タンパク質結合容量: < 1.3 mg/ml


Lane 1:細胞ライセート
Lane 2:溶出液
Lane M: 分子量マーカー
図1.Magnetic DYKDDDDK Immunoprecipitation Kitを用いた大腸菌および哺乳類細胞からのDYKDDDDK融合AcGFP1タンパク質の免疫沈降
標準的な方法による細胞溶解後、各DYKDDDDK融合AcGFP1タンパク質をMagnetic DYKDDDDK Immunoprecipitation Kitのプロトコールにより免疫沈降した(A: 大腸菌、B:HeLa細胞)。細胞ライセートおよび最終溶出液をSDS-PAGE後の銀染色により分析した。

内容

Magnetic DYKDDDDK Immunoprecipitation Kit(販売終了)
  • Anti-DYKDDDDK Magnetic Beads(販売終了)
  • Magnetic Beads Immunoprecipitation Buffer Set(製品コード 635696)
  • ProteoGuard EDTA-Free Protease Inhibitor Cocktail(製品コード 635673)
Magnetic Beads Immunoprecipitation Buffer Set(製品コード 635696)
  • Lysis Buffer 110 ml
  • Wash Buffer 100 ml×2
  • IP Elution Buffer 2 ml

保存

4℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ