リンパ球保存の補助試薬

Lymphocyte Preservation Assist

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR T212 T212 Lymphocyte Preservation Assist
500 ml ¥11,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

本製品は、リンパ球を凍結または常温で安定な状態で保存することができ培地やPBSの代替として使用する補助試薬である。日本薬局方公定規格の成分のみからなる(特許出願中)。本製品を使用することで、拡大培養したリンパ球を凍結による長期保存または常温による短期保存の2種類の保存条件で、細胞生存率や機能の低下を防ぎながら安定な状態で保存することができる。
本製品は既知成分のみで構成されており(ケミカリー・ディファインド)、血清および動物由来成分を一切含まない。また、エンドトキシン検査済み(エンドトキシン値0.3 EU/ml以下)の製品である。
本製品は研究用試薬である。

内容

Lymphocyte Preservation Assist    500 ml

保存

4℃(遮光)

本製品以外に必要なもの

細胞凍結保護剤(希釈タイプ)、CP-1(極東製薬株式会社:Code 551-27202-4、551-27200-0)など+推奨成分(ヒト血清アルブミンなど)

使用方法

拡大培養後のリンパ球のLymphocyte Preservation Assistを用いた凍結保存(長期保存)
拡大培養後のリンパ球を凍結保存する場合、培地に懸濁されたリンパ球は、通常、市販の細胞凍結保護剤と混合して凍結保存する。本製品はこのようなリンパ球の凍結保存法において、培地の代わりとして用いることができる。
本製品を用いてリンパ球の凍結保存を行う際には、CP-1(極東製薬株式会社:Code 551-27202-4、551-27200-0)などの細胞凍結保護剤(希釈タイプ)およびその推奨成分(ヒト血清アルブミンなど)が必要である。
本製品は1 液タイプの細胞凍結保存剤には使用できない。

細胞凍結保護剤としてCP-1を使用し、拡大培養後CD3陽性リンパ球を凍結保存する場合
本製品はCP-1の使用方法における、PBSやRPMI培地の代わりとして使用することができる。
  1. 拡大培養したCD3陽性リンパ球をLymphocyte Preservation Assistで2~3回洗浄し、Lymphocyte Preservation Assistに浮遊させ、2~10×107 cells/mlに調整する。
  2. CP-1の使用方法に従って、低温でCP-1とヒト血清アルブミンを穏やかに混和する(CP-1 34 ml+ヒト血清アルブミン 16 ml)。
  3. 1.で調製した細胞懸濁液にヒト血清アルブミンを混和したCP-1をほぼ等量加え、低温でおだやかに混和する。
  4. 凍結保存容器(バイアルまたはバッグ)に分注する。
  5. 速やかに-80℃で保存する。
    実施例はこちら
注) 凍結状態での細胞保存期間は、使用する細胞凍結保護剤の推奨保存期間に依存する。

Lymphocyte Preservation Assist を用いたNK細胞の常温保存(短期保存)
NK細胞は保存による生理活性の低下が著しい細胞であり、ヒト血清アルブミンを含む生理食塩水を用いてNK細胞を常温保存した場合、明らかな生理活性の低下が認められる。したがって、拡大培養後のNK細胞を培地以外の溶液に置き換えて機能解析を行う場合は、細胞懸濁に使用する溶液を注意して選択する必要がある。
本製品を用いることにより、常温保存によるNK細胞の生理活性の低下を抑制することができる。
  1. Lymphocyte Preservation Assistに終濃度1%となるようにヒト血清アルブミンを添加してNK細胞保存液を調製する。
  2. 拡大培養したNK細胞を、調製したNK細胞保存液で2~3回洗浄し、0.5~2.0×107 cells/mlに調整する。
  3. 細胞を常温保存する。
    実施例はこちら
注)本製品を用いてNK細胞を常温保存した場合に、生理活性が徐々に低下する恐れがあります。保存細胞はできるだけ早く目的の試験に使用することを推奨する。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ