MSCVレトロウイルス発現システム

  • 造血細胞、ES細胞、EC細胞で効率的な遺伝子発現を実現
  • 3種類のマーカーを選択可能
  • PT67パッケージング細胞を含む完全なレトロウイルスシステム
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 634401 Z4401N MSCV Retroviral Expression System
  • レトロウイルスベクターによる遺伝子導入
  • ライセンス
1 Set ¥216,300
¥173,040
2017/11/27~
2018/02/28

説明書・データシート・ベクター情報

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。


MSCV(Murine Stem Cell Virus)Retroviral Expression Systemには、マウスやヒトの造血細胞、胎児幹細胞(ES)、胎児性癌細胞(EC)などの多能性細胞株に対して目的遺伝子を導入するために最適化したベクターが含まれている。また本ベクターはその他あらゆる哺乳類細胞でも使用できる(1~3)。本システムは非常に効率が高く、培養細胞やトランスジェニック動物での発生、胚形成、免疫系の応答などの遺伝子機能の解析に理想的である。

感染困難な細胞用に設計

MSCV Systemには3種類のベクター(pMSCVneo、pMSCVhyg、pMSCVpuro)が含まれている。これらのベクターは、マウス幹細胞PCMVウイルスに由来する特別に設計された末端反復配列(LTR)を含んでおり、感染が難しい細胞株での研究も可能になる。このLTRは、他のレトロウイルスベクター中で使用されるMMLV LTRとは、いくつかの点変異と1ヵ所の欠失が導入されている点で異なる。これらの変異は転写活性化を増強し、ES細胞やEC細胞における転写抑制を防いでおり、その結果、幹細胞や他の哺乳類細胞株における目的遺伝子の高レベルな構成的発現が実現される。なお、MSCV SystemにはRetroPack PT67 Packaging Cell Lineが添付されている。これは広範な哺乳類宿主細胞に感染可能な高力価ウイルスを産生する細胞である。

図1. pMSCV ベクターマップ

内容

・pMSCVneo Vector
・pMSCVhyg Vector
・pMSCVpuro Vector
・RetroPack PT67 Cell Line
・MSCV Primers

保存

RetroPack PT67 Cell Line:液体窒素*
その他のコンポーネント:-20℃

* 到着後、ただちに液体窒素中で保存してください。
 液体窒素保存ができない場合は、ただちに細胞を融解し、培養を行ってください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ