心毒性試験に

ヒトES/iPS細胞由来心筋細胞

  • 主要な心筋マーカー、多種イオンチャネルを発現
  • 心毒性試験・安全性評価試験・新規薬剤スクリーニングに最適
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CEL Y10075 Y10075 ヒトiPS細胞由来心筋細胞培養キット:Cellartis® Cardiomyocytes (from ChiPSC22) Kit
  • ライセンス
1 Kit ¥180,000
ヒトiPS細胞由来分化細胞の使用に関して 説明書・データシート・ベクター情報
CEL Y10070 Y10070 ヒトiPS細胞由来心筋細胞培養キット:Cellartis® Cardiomyocytes (from P11012) Kit
  • ライセンス
1 Kit ¥180,000
ヒトiPS細胞由来分化細胞の使用に関して 説明書・データシート・ベクター情報
CEL Y10060 Y10060 ヒトES細胞由来心筋細胞培養キット:Cellartis® Pure Cardiomyocytes (from SA121) Kit
  • ライセンス
1 Kit ¥180,000
ヒトES細胞由来分化細胞の使用に関する確認書 説明書・データシート・ベクター情報
CEL Y10063 Y10063 ヒトES/iPS細胞由来心筋細胞基本培地:Cellartis® CM Culture Base
90 ml ¥21,000
Y10060、Y10070、Y10075のコンポーネント
CEL Y10062 Y10062 ヒトES/iPS細胞由来心筋細胞融解用培地:Cellartis® CM Thawing Base
32 ml ¥9,000
Y10060、Y10070、Y10075のコンポーネント

製品説明

Cellartis Cardiomyocytes (from ChiPSC22)は、Cellartis human iPS cell line 22 (ChiPSC22)(製品コード Y00325)より分化誘導した心筋細胞であり、自立拍動能や成人ヒト心筋細胞と同等の心筋特異性マーカー及びイオンチャネルの発現など、心毒性試験等への利用に最適な特長を有している。また、高純度化技術に依存しない高効率な分化誘導法により製造した心筋細胞であるため、高純度(約80%以上)を維持した培養も可能である。同様にiPS細胞由来であるCellartis Cardiomyocytes (from P11012) は、製品コード Y10075とは異なるドナー由来のiPS細胞株から誘導された心筋細胞である。

Cellartis Pure Cardiomyocytes (from SA121)は遺伝子工学的に改変されたヒトES細胞株(SA121-cTnT)由来の心筋細胞であり、薬剤耐性を利用した高純度化技術を用いて製造されているため、高い純度(約90%)を維持した状態で安定した培養が可能である。

これらヒトES/iPS細胞由来心筋細胞は、凍結バイアル(1 vial ≧3×106 viable cells)として、細胞の融解用培地(Cellartis CM Thawing Base)、融解後の培養用基本培地(Cellartis CM Culture Base)を含むキットとして提供される。

【ご注意】
製品コード Y10060およびY10070は製品名が変わりましたが、出荷のタイミングによっては旧製品名でお届けする場合がありますのでご了承ください。
Y10060:(旧製品名)Cellartis Pure hES-CM、(新しい製品名)Cellartis Pure Cardiomyocytes (from SA121) Kit
Y10070:(旧製品名)Cellartis hiPS-CM、(新しい製品名)Cellartis Cardiomyocytes (from P11012) Kit

内容

  • ヒトiPS細胞由来心筋細胞培養キット
    Cellartis Cardiomyocytes (from P11012)、 (from ChiPSC22)ともに(凍結品:1 vial ≧3×106 viable cells)
    (※96ウェルプレート又はマルチウェルプレート適用可)
    Cellartis CM Thawing Base(32 ml)(※単品購入も可能:製品コード Y10062)
    Cellartis CM Culture Base(90 ml)(※単品購入も可能:製品コード Y10063)
  • ヒトES細胞由来心筋細胞培養キット
    Cellartis Pure Cardiomyocytes (from SA121)(凍結品:1 vial ≧3×106 viable cells)
    (※96ウェルプレート又はマルチウェルプレート適用可)
    Cellartis CM Thawing Base(32 ml)(※単品購入も可能:製品コード Y10062)
    Cellartis CM Culture Base(90 ml)(※単品購入も可能:製品コード Y10063)

輸送

-80℃

保存

Cellartis Cardiomyocytes、Cellartis Pure Cardiomyocytes:液体窒素保存
到着後、ただちに液体窒素中で保存してください。
液体窒素保存ができない場合は、ただちに細胞を融解し、培養を行ってください。
Cellartis CM Thawing Base、Cellartis CM Culture Base:-15℃以下

キット以外に必要な試薬

  • ウシ胎仔血清(FBS)(Gibco/Life Technologies Cat. No.16140)
  • フィブロネクチン(Sigma-Aldrich Cat. No.F0895)
  • PBS Dulbecco's with Ca2+ & Mg2+(Gibco/Life Technologies Cat. No.14040-083)
  • ROCK阻害剤:Y27632(Sigma-Aldrich Cat. No.Y0503)
図1. Cellartis Pure Cardiomyocytes (ChiPSC22)の免疫蛍光細胞染色結果
図1. Cellartis Pure Cardiomyocytes (ChiPSC22)の免疫蛍光細胞染色結果
(A) :赤=cTroponin、青=DAPI
(B) :緑=Myomesin、赤=Actin、青=DAPI

図2. Cellartis Cardiomyocytes (form ChiPSC22) による薬剤(E-4031)応答のロット間(3ロット)再現性
図2. Cellartis Cardiomyocytes (form ChiPSC22) による薬剤(E-4031)応答のロット間(3ロット)再現性
細胞外電位測定装置 (アルファメッドサイエンティフィック社製)を用いてCellartis Cardiomyocytes (from ChiPSC22) 3ロットのIKr阻害剤(E-4031)への応答性を測定したところ、FPDcF(Field potential duration corrected by Fridericia’s formula)の延長と、30 nM以上での不整脈様波形(EAD: Early afterdepolarization)が再現性良く確認された。

図3. Cellartis Cardiomyocytes (from ChiPSC22) のVerapamil応答性
図3. Cellartis Cardiomyocytes (from ChiPSC22) のVerapamil応答性
in vivoにてFPDの短縮と拍動数(Beats per minutes)の低下作用を示すことが知られているVerapamil(Caチャネル阻害剤)に対するCellartis Cardiomyocytes (from ChiPSC22)の応答性を細胞外電位測定装置を用いて確認したところ、in vivoでの知見同様のFPDcF短縮(左図)と拍動数低下(右図)が確認された。

図4. Cellartis Cardiomyocytes (from ChiPSC22) のNifedipine応答性
図4. Cellartis Cardiomyocytes (from ChiPSC22) のNifedipine応答性
L型Ca2+チャネル阻害薬NifedipineiのCellartis Cardiomyocytes (from ChiPSC22)細胞外活動電位に対する影響を測定したところ、再分極時間のシフトによる細胞外活動電位の短縮が確認された(A)。また、Nifedipine濃度依存的に延長された拍動間隔(B)の影響によりCellartis Cardiomyocytes (from ChiPSC22)の拍動数減少が観察された。

図5. Cellartis Cardiomyocytes (form ChiPSC22) のIsoproterenol応答性
図5. Cellartis Cardiomyocytes (form ChiPSC22) のIsoproterenol応答性
β‐アドレナリン作動性受容体に作用するIsoproterenolによるCellartis Cardiomyocytes (ChiPSC22)拍動数に対する影響を細胞外電位測定装置を用いて測定したところ、濃度依存的に拍動数の増加が確認された。

Cellartis Pure Cardiomyocytes (from SA121)の活動電位
図6. Cellartis Pure Cardiomyocytes (from SA121)の活動電位
(A) :洞結節様(左)、心房様(中)、心室様(右)の各活動電位を示した。
(B) :Cellartis Pure hES-CMの抗不整脈薬(E-4031:Kチャネルブロッカー)処理前(左)とその後(右)の活動電位

Cellartis Cardiomyocytes (from P11012)の心筋細胞収縮の継時的変化(CardioExcyte 96 system使用[Nation Technologies GmbH, Germany])
図7. Cellartis Cardiomyocytes (from P11012)の心筋細胞収縮の継時的変化(CardioExcyte 96 system使用[Nation Technologies GmbH, Germany])
E-4031濃度異存的な活動電位の変化が認められた。

Cellartis Pure Cardiomyocytes (from SA121)による心筋トロポニン発現細胞数の割合
図8. Cellartis Pure Cardiomyocytes (from SA121)による心筋トロポニン発現細胞数の割合
Cellartis Pure hES-CMは、融解後(90.48%)(左)、及び融解4日後(92.86%)(右)も高い純度を維持している。

ヒトES細胞由来分化細胞Cellartis Pure Cardiomyocytes (from SA121) の使用に関して

本製品は、ヒトES細胞由来の分化細胞です。製品ご購入に際しては、添付の確認書の提出をお願いしています。
確認書に必要事項を記入の上、ご注文の際に弊社販売店までお渡しください。    ヒトES細胞由来分化細胞の使用に関する確認書

ヒトiPS細胞由来細胞の使用に関して

本製品は、ヒトiPS細胞由来の分化細胞です。添付の文書をご確認のうえ、お取扱いにはご注意ください。 ヒトiPS細胞由来分化細胞の使用について

関連資料

情報がまとまっていて便利!こちらもご利用ください。
iPS細胞・幹細胞研究ガイド(2015年5月改訂版)

ダウンロード(1.06 MB)
    Cellartis 幹細胞研究用製品ガイド(2015年6月作成)
ダウンロード(8.78 MB)

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ