ProteoTuner™ 抗体

  • ウエスタンブロット、免疫細胞染色により、DD融合タンパク質の検出が可能
  • ProteoTuner Shield System(N末端またはC末端タイプ)に使用可能
  • ProteoTuner Guard SystemのDDGタグの検出は不可
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 631073 Z1073N DD Monoclonal Antibody
50 μl ¥34,000
説明書・データシート・ベクター情報
DD Monoclonal Antibodyは、ProteoTuner Shield System(N末端またはC末端タイプ)の不安定化ドメイン(DD)を認識するマウスモノクローナル抗体である。この抗体を用いれば、目的タンパク質に特異的な抗体がなくてもDDを融合した目的タンパク質の検出が可能である。ウェスタンブロットには1:500希釈、免疫細胞染色には1:50希釈での使用を推奨する。

図1. DD Monoclonal AntibodyによるDDタグ融合タンパク質の検出
DD-AcGFP1、またはAcGFP1-DDを一過的に発現させたHeLa細胞と、DD-AcGFP1を安定的に導入したHEK 293細胞のライセートを用いて、DD Monoclonal Antibody(希釈倍率1:500)によるウェスタンブロット解析を行った。

レーン 1: pDD-AcGFP1(DD-N)を導入したHeLa細胞
レーン 2: Negative control(未導入HeLa細胞)
レーン 3: pAcGFP1-DD(DD-C)を一過性導入したHeLa細胞
レーン 4: Negative control(未導入HEK293細胞)
レーン 5: DD-AcGFP1を安定的に導入したHEK293細胞

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ