Tet システム仕様ウシ胎児血清

  • Tet細胞株での調節性発現誘導機能を試験済みのFBS
  • 米国産(US-Sourced)、米国外産(USDA-Approved)の2種類を用意
tetシステムパンフレット
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 631105 Z1105N Tet System Approved FBS, US-Sourced
50 ml ¥15,500
CLN 631101 Z1101N Tet System Approved FBS, US-Sourced
500 ml ¥110,200
CLN 631107 Z1107N Tet System Approved FBS, USDA-Approved
50 ml ¥13,500
CLN 631106 Z1106N Tet System Approved FBS, USDA-Approved
500 ml ¥98,000
Tet System Approved Fetal Bovine Serum(FBS)は、Tet細胞株でテトラサイクリン調節性誘導能の機能試験*を行い、その性能が発揮されることを確認した高品質のウシ胎児血清である。テトラサイクリン遺伝子誘導発現系での誘導機能が保証されたFBSをお届けできるのは、唯一、テトラサイクリン調節発現システムのライセンスを受けているClontech社だけである。
  • US-Sourced FBSは米国内で調達される高品質FBSである。
  • USDA-Approved FBSは米国内で調達されたものではないため、お手軽な価格で提供しているが、US-Sourcedと同等の品質テストが行われている。

市販の他社血清の場合には、血清中のテトラサイクリン様活性によってTetシステムの調節誘導が大きな影響を受けることがある(図1)。細胞の増殖には影響のない「抗生物質フリー」な血清であっても、Tet調節下の遺伝子発現誘導を低下、消失させるテトラサイクリン様活性を示すことがある。Tet System Approved FBSを使用すれば、このような心配なしにTet-On/Tet-Off実験を行える。

* ClontechのTet System Approved FBSで行っている高感度な試験は、Tet-inducible Systemを使った機能的な試験であり、化学的分析で行うウシ胎児血清中テトラサイクリン存在試験とは異なる。


図1. ロットの異なるFBSによるCHO-AA8-Luc Tet-Offコントロール細胞株でのルシフェラーゼ活性の誘導
非誘導時の平均発現レベルは0.21 RLU(n=21, SD=0.07)、誘導時の発現レベルは123~3,176 RLUであった。RLU=相対光度

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ