Tet-ProteoTuner 二段階発現調節ベクター

  • 目的遺伝子の発現を転写制御とタンパク質分解で二段階に調節
  • より迅速、厳密に発現調節が可能
  • 2種類の遺伝子の発現調節が可能
  • 蛍光タンパク質レポーター付ベクターが利用可能
tetシステムパンフレット
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 631115 Z1115N pTRE-Cycle1 Vector
  • ライセンス
各40 μl ¥111,200
MTAの確認が必要な製品です 説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631116 Z1116N pTRE-Cycle2 Vector
  • ライセンス
各40 μl ¥126,700
MTAの確認が必要な製品です 説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631117 Z1117N pTRE-Cycle3 Vector
  • ライセンス
各40 μl ¥126,700
MTAの確認が必要な製品です 説明書・データシート・ベクター情報

二段階の発現調節
本ベクターは、Tetシステムによる厳密な転写制御と、Tet調節性バイディレクショナルプロモーター、さらにProteoTunerによる目的タンパク質の迅速な分解制御システムの3つの強力な技術を組み合わせて開発した製品である。pTRE-Cycle VectorはTet調節因子(Tet-On/Off Advanced transactivator; 1~3)を発現する細胞中で、Tet調節性バイディレクショナルプロモーター(PTight-BI)から独立に2種類の遺伝子を転写する(4~6)。この可逆的な転写調節は培地中のDox濃度依存的に厳密に行われる(図1)。2段階目の発現調節は、培地中のShield1濃度依存的に標的タンパク質の分解をコントロールするProteotuner技術を利用している(7)。pTRE-Cycle Vector上のDDタグに融合させた目的遺伝子はTetシステムによる転写制御とは独立にタンパク質発現レベルの調節が行える。

1つのベクターで2種類の遺伝子の発現調節が可能
Tetシステム、ProteoTunerシステムによる独立した2種類の発現調節を蛍光タンパク質(mCherry、ZsGreen1)の蛍光強度(図3、パネルA)、Sox2、Oct4のウェスタンブロットの結果により確認した(図3、パネルB)。

図1. pTRE-Cycleベクターによる2種類のタンパク質の発現調節
各pTRE-Cycle Vectorは培地中のDox濃度依存的に2種類の遺伝子の発現を転写レベルで厳密に調節する。さらにShield1濃度依存的に目的のタンパク質の分解をコントロールできる。


図2. 各pTRE-Cycleベクターの構造
pTRE-Cycle1ベクターはマルチクローニングサイトに2種類の遺伝子をクローニングでき、そのうちの1つにはDDタグが融合する。pTRE-Cycle2、pTRE-Cycle3各ベクターはDDタグを融合した目的遺伝子の他に、蛍光タンパク質をレポーター分子として発現する。


図3. pTRE-Cycleベクターによる2種類のタンパク質の発現調節
Tet-On Advanced transactivatorを発現するHEK 293細胞内でpTRE-Cycleベクターを用いて2種類の遺伝子を独立に発現した例。赤色、緑色蛍光タンパク質の例(パネルA)、Sox2、Oct4の例(パネルB)。

内容

pTRE-Cycle1 Vector
(製品コード631115)
・pTRE-Cycle1 Vector(20 μg)
・pTRE-Tight-Luc Control Vector
・Linear Hygromycin Marker
・Linear Puromycin Marker

pTRE-Cycle2 Vector
(製品コード631116)
・pTRE-Cycle2 Vector(20 μg)
・pTRE-Tight-Luc Control Vector
・Linear Hygromycin Marker
・Linear Puromycin Marker

pTRE-Cycle3 Vector
(製品コード631117)
・pTRE-Cycle3 Vector(20 μg)
・pTRE-Tight-Luc Control Vector
・Linear Hygromycin Marker
・Linear Puromycin Marker

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ